試して合点!使って納得!シリーズ Vol.43

24時間で生ゴミが消える
バイオ式生ごみ発酵消滅機「シンクピア」の毎日:その1


このページでは、設置してから2ヶ月近くが経過した間に、投入した生ゴミの実際をご覧に入れます。子供たちが独立して二人だけの生活が基本で、キッチンから出る生ゴミの量はそれほど多くありませんが、毎日1キロ程度の生ゴミはたったの24時間で水と炭酸ガスに分解し、消滅させてしまうという画期的な方式が現実であることが確認いただけると思います。

 
10月19日:枝豆
 
10月24日:柚子 
 
 
10月25日:サンマ+グレープフルーツ
 
10月25日:サンマ+レモン 少々の洗剤や漂白剤が混ざっても問題ない。
 
 
10月27日:小松菜
 
10月28日:グレープフルーツ
 
 
10月30日:エビ+干しカレイ+レタス
 
11月5日:ごぼうの皮、野菜くず
 
 
11月5日:りんごの皮+バナナの皮
 
11月5日:りんごの皮+バナナの皮(ハサミで細かくしてから)
 
 
11月6日:りんご(王林)の皮
 
11月10日:りんご(王林)の皮+キュウリのへた
 


■この商品の保証期間は1年間で、1年ごとのメンテナンスが必要です。
■ 「シンク・ザイムSP-100」は3ヶ月に1回の割合で、蓋1杯分(約20g)を2リットルの水で解いてから、補充する必要があります。

(C)Nov. 2007 Copyright HIDEWO KURODA KITCHEN SYSTEM LABO.INC.