試して合点!使って納得 シリーズVol.50
使いやすいコードレス
BOSCHハンディブレンダー新登場!


ドイツの家電ブランドBOSCHから、コードレスのハンディブレンダーが新登場しました。
この手の商品は、Bamix、Braun MultiQuick、貝印マルチブレンダー、Cuisinartスマートスティックハンドブレンダーなど各社から発売されていますが、圧倒的にシェアが高いのは歴史もあるBamixです。ところが今までのスティックミキサーは、どのタイプも本体の電源コードをコンセントに差し込んでから使う必要があります。
そのため、コンロにのせた鍋、調理台のボウル、シンクの水を使いながらなど、さまざまな使用場所に移動するたびに、コードの長さを気にしながら、またガスコンロを使っているとコードを焦がさないように注意することが大切でした。
今回ご紹介する充電方式を採用したBOSCHのハンディブレンダーは、コードを気にせず、使う場所を選ばず、調理作業をはかどらせてくれる優れものです。



充電ユニットは、かなりコンパクトでそれほど場所をとらない。
基本セットはブレンダー用ジャグとユニバーサルカッターとがセットになっています。



ブレンダーは10,500回転/分、ユニバーサルカッターは2,100回転/分のハイパワー仕様で、フル充電すると約20分間連続使用できる。



食材を「つぶす・混ぜる・泡立てる」ブレンダーは、マヨネーズ、ソース、飲み物、離乳食、果物のピューレ、氷の粉砕、ポタージュ、プリン、ホイップクリームなどが調理でき、
「食材を「刻む、混ぜる」ユニバーサルカッターを使うと、肉、硬いチーズ、ハーブ、果物、ナッツなどの粉砕、切断、野菜のみじん切りなどができ、ハンバーグ、つみれ、ディップなどを作るのに適しています。一回の食材投入量は約100グラムが目安です。
フードプロセッサーを使うには面倒な調理作業を手助けしてくれる、オリジナルのレシピ作りにも役立つ道具です。



バーミックスと並べた比較写真。Bosch本体は巾62mm×高さ400mm×奥行65mmで、重量は約640g。
バーミックス本体は巾65mm×高さ340mm×奥行62mmで、重量は約966g(コードを含む)あります。



カッターの形状比較
上がバーミックスで4種類のカッター刃の交換ができるが、長年使っている間に緩んでくることがある。また鍋の中で使うと食材が回りに飛び散ることが多いので要注意。
下がボッシュでカッター刃の交換はできない。周りにステンレスの縁カバーがついているので、鍋の中で使っても飛び散ることがほとんどない。


(C)Sep. 2008 Copyright HIDEWO KURODA KITCHEN SYSTEM LABO.INC.