住まいを探す場合も売却する場合も、長い付き合いになるのが不動産会社の営業マン。契約から引渡しまでの大切な手続きを進めるのも営業マンの仕事です。だからこそ「信頼できる人と付き合いたい」もの。何かと頼れる営業マンの見極め方と付き合い方を2回にわたって解説します。

まず最初に知っておきたい、不動産会社の営業マンは何をしてくれる人?

営業マンは物件の購入や売却にあったって重要な役割を果たしてくれる人
仲介会社は売主の依頼を受けて販売活動をし、買主が現れたら両者の意見を調整して売買価格などを決め、契約事務を行います。反対に、買主の依頼を受け、条件に合う物件を探す仕事もしてくれます。具体的には、

◆情報提供◆
売り主には、周辺相場情報、査定結果などを伝え、売り出し価格を決めます。また、売却のための広宣活動もプランニングします。一方買い主に対しては、購入にあたっての条件を聞き、他の仲介会社からの情報も入手し、幅広い情報提供をします。

◆見学時の案内◆
買い主、売り主双方のスケジュールを調整のうえ、物件見学の手配をし、同行します。1回に2~3件程度見学することが多いです。

◆売主や買主との交渉◆
購入の条件やスケジュールについて、売主・買主の双方を調整します。

◆契約手続き◆
買主・売主双方調整の上、契約内容を固め、税金の精算など書類作成等行い、契約の場を設定します。

◆ローン申し込み~引渡しまでの手続き◆
住宅ローンに関する書類の手配をしたり、所有権移転登記を行うための手続きをします。

以上がざっくりとした営業マンの役割です。
なお、仲介の場合、売主、買主ともに、仲介会社に仲介手数料を支払う必要があります。

これらの手続きをしてくれる営業マン。では頼れる営業マンはどんなポイントで見極めたらよいのでしょうか?

次のページでは、そのポイントを具体的に紹介します。