「ご出身は?」「お国は?」。初対面同士を一気に打ち解けさせる一言ですね。出身地(県)を知ることで、相手の性格や個性を探そうとしています。県民性は単なる統計で根拠のあるものではありません。しかし、その地に残る固有の風土・文化などが影響して、生まれ育った地域の独特の気質や共通した行動パターンを持っていることは否定できないのではないでしょうか。

↓県民性で探す田舎暮らしシリーズ バックナンバー↓
30分遅れは当たり前!? 沖縄の田舎暮らし
3日住めば皆道産子!北海道の田舎暮らし
個性が競う合衆国!長野の田舎暮らし
無骨なれどパッションあり!佐賀の田舎暮らし
のんびりをそのまんま実践!宮崎の田舎暮らし
千年の古都でほっこり!京都の田舎暮らし
伊達男のノンビリズム!宮城の田舎暮らし
チャンポン文化の島暮らし!長崎の田舎暮らし
おおらかで大人の佇まい!愛媛の田舎暮し
トカイナカを満喫!神奈川の田舎暮し

県民性で探す田舎暮らしシリーズ。
今回は、働くのも遊ぶのも一生懸命の高知県をご紹介。「高知県人」の体内に組込まれたDNAを探ります。県民性からみた、あなたにピッタリの田舎暮らしを見つけてみよう。

「いごっそう」&「はちきん」が高知の気質

「いごっそう」&「はちきん」が高知の気質
高知=土佐。「とさ」の呼称は、古くから国産みの神話のなかで、土佐国建依別(とさのくにたけよりわけ)とよばれ、雄々しい男の国とされています。

土佐の男は「いごっそう」。これはもう全国区ですね。とにかく負けず嫌いで議論好き、頑固一徹で天の邪鬼。こんなキャラクター像が立ち上がってきます。

チャレンジ精神も旺盛で、他人から偏屈、意地っ張りと言われようとも、決して自説を曲げやしない。しかし、「私は土佐のいごっそうだ!」などと、ひけらかしてはいけません。自分なりの考え方を持ち、反骨・反権力精神に満ち、尚かつユーモアを持った人間だけが、真のいっごそうと呼ばれる権利を持ち得ます。まさに、漫画「巨人の星」に登場する頑固オヤジ、星一徹だらけのおもむきです。

しかし、女性も負けてはいません。土佐の女性は「はちきん」と呼ばれます。いごっそうの女性版。積極的かつ魅力的で豪快・活発な女性、いわゆる男勝りの気質です。優しいだけが取り柄の男性側からするとタジタジの感もありますが、女性の溌剌さ、行動力、考え方、容姿の面で際立っている魅力的な女性のことを「はちきん」と総称しているようです。男性と同様、ガンガン働くばかりでなく、遊ぶ時にはトコトン遊び尽くす。南国土佐にピッタリ似合う、明るい魅力を発する女性たちのようです。

このツインズのような気性を持つ男と女。高知出身同士の恋愛や結婚は、いったいどういう風に進展しているんでしょうか?男が卓袱台(ちゃぶだい)をひっくり返すのか、女が平手打ちを食らわすのか……。

高知の県民性は、あなたの田舎暮らしの候補地にピッタリですか?

◆高知県のプロフィール
高知県のプロフィール
高知県は,四国のおよそ南半分を占め、南は太平洋に,北は四国山地を挟んで徳島・愛媛の両県に面しています。太平洋を臨む海岸線は長く、西部はリアス式海岸、東部は隆起海岸で平坦な砂浜が続いています。

県西部を流域とする四万十川は日本最後の清流として有名ですね。多様な自然・風土は、かつおの一本釣り、ハウス園芸などの特色ある一次産業や、土佐和紙、打刃物などの特産品を育て、坂本龍馬に代表される反骨の「いごっそう気質」や、酒文化・皿鉢料理など高知ならではの地域文化を生み出してきました。

田舎暮らしへの施策も積極的です。スローライフ、ロハスなどを実現できる場所。海・山・川などの自然に恵まれた場所。退職後の自分らしい暮らしができる場所など、田舎暮らしポータルサイトで第二の人生を応援しています。
・田舎暮らし関連サイト>>高知 田舎暮らしポータルサイト

次は、高知の県民性ランキングです。>>