カーテンは強い日差しを遮る!

アジアンスタイル
上:自然素材で日差しを遮るものといったら木製ブラインドがぴったり(画像:トーソー)下:上下昇降のシェードも日差しを遮るアイテム。アジアのファブリックを思い浮かべるような渋い赤を使って。(インテリアコーディネート:鈴木理恵子)
東南アジアの日差しは強烈。その日差しを遮る役割を果たすのが窓掛けになります。日差しをしっかりと遮るブラインドや上下昇降タイプのシェード類がアジアンな雰囲気には良く合います。反対に金属感のあるブラインドや重厚な印象のスタイルカーテンなどは避けたほうがよいでしょう。

素材は、できれば自然素材かそれに近い風合いの持つファブリックを選んでみましょう。織目が荒いものや、糸の太さに変化があるものなどがおススメです。

小物でアジアン気分を盛り上げる!

アジアンな味付けにインテリア小物類は欠かせません。小物をふんだんに飾ってアジアン気分を盛り上げてください。

壁面には、絵画はもちろん、ファブリック、木や石で作られたレリーフなどを飾ったり、アジアン小物を集めたコーナーを作るとアイポイントにもなります。
アジアンスタイル
左:大きな葉が描かれたレリーフ。ソファ両脇の神像もアジアンにはぴったり。右:アジアン小物を集めたコーナーを作れば視線も集まって◎(画像:kaja)

アジアンスタイル
大きな葉の観葉植物を加えてアジアンムードに。
自然と寄り添っているアジアンインテリアでは植物も重要な小物。大きな葉のオーガスタ、南国に見られるヤシやシダなどを配するだけでもアジアンリゾートにいる気分になってきます。鉢や鉢カバーにはプラスチックではなく、籐かごや素焼きの壷などを合わせてくださいね。


《画像協力》
kaja
quiet hours
TOSO

アジアンスタイルはのんびり気分に浸れる素敵なインテリア。そして、やはり日本もアジアの一部なのでしょう。心が和むだけでなく、色や風合いを整えれば和のアイテムにも良く合うんですよ。基本を押さえて、オリジナルのアジアンスタイルを楽しんでくださいね。


【関連ガイド記事】
大人のシックなアジアンスタイル→アジアの中でもタイをイメージしたインテリア。シックにまとめられた素敵なインテリアです。

【関連サイト】
a.flatの涼しげコーディネート→All Aboutインテリアショップより。アジアンテイストの家具ショップから夏向きのアイテムの紹介です。ショップのディスプレイテクニックをご覧あれ!
夏らしくアジアンテイストのレストルーム→All Aboutインテリア実例より。水まわりでのアジアンアイテムのちょっとした飾り方を紹介しています。
和雑貨・アジアン→All About雑貨より。個性的なアジアン雑貨はこちらでチェックを。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。