洋服は立てて見やすく

画像の代替テキスト
二人のお嬢さんの部屋。洋服の収納は約160cm巾のクローゼットに。クローゼットの中をあけると引き出し+ハンガーでびっしり。

木製ブラインド
立ててしまえば、何が入っているか一目でわかる
「子供のTシャツなどは引き出しに立てた状態でしまっています。」とSさんが、さっと引き出しを開けて見せてくれました。中には、整然と並んだたくさんのTシャツ類。「これなら、何が入っているかわかりやすいし、取り出ししやすい。だから、子供も自分で洋服を準備できます。」

ガイドも洋服やタオルを引き出しにしまう時にはこのしまい方を実践しています。ポイントは、服を引き出しの高さに合わせて畳み、輪を上にすること。輪を上にすると取りだしたときにほかの服が崩れにくい上、見た目もきれいですよ。


今回は収納の中でも引き出しに注目してみました。引き出しは、奥のものが取り出しやすく、一目で何が入っているかわかるのでとても使いやすい収納スタイルといえます。しまい方やしまう物にもひと工夫してより上手に使いこなしていきたいですね。







投資未経験者限定で、オンラインインタビューを受けていただける方を募集中!
ご応募の際に事前に投資意向調査アンケートにご回答いただきます。
投資に興味がない方から興味がある方まで幅広く受け付けております。
※謝礼は10,000円になります(最大10名まで)

ご協力いただける方はこちらから回答をお願いいたします(回答期限は2021年3月1日15時まで)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。