この季節、玄関先で困るのがブーツです。不安定な姿勢でブーツを脱ぐのは辛いものですね。ブーツに限らず、靴の脱ぎ履きにもちょっと腰を掛けられるスペースがあると便利です。今回は椅子を上手に使った玄関をご紹介します。

椅子兼収納で玄関すっきり

玄関の椅子
明るく優しげな玄関です。壁面には電気設備が入っている鋼製の扉があるので、薄いレースのカーテンで目隠し。
ご紹介するのは上海のマンションに家族4人で住むSさんの玄関。土間として使われている部分は1.5畳くらい。日本の戸建て住宅の玄関と同じくらいの広さでしょうか。この玄関は窓がなく暗くなりがちなので、花柄のレースを間仕切りや壁に掛けて、明るくやさしい感じの玄関にコーディネートしています。ナチュラルな籐製のベンチが空間のちょうどよいアクセントになっていますね。

玄関の椅子
ベンチの下はさっと靴をしまうスペースに
「ブーツや運動靴の脱ぎ履きには、このベンチは欠かせないんですよ。」とSさん。Sさん宅のベンチはIKEAのもの。ベンチは横に長いため、外出時に二人同時に使えるから、お出かけのときにも便利だそう。

実はこのベンチ、靴の収納にも一役買っています。上海では、日本と違って玄関に靴収納がほとんどついていません。Sさん宅では、正面のキャビネットに靴などの収納をしていますが、困るのは普段にちょこっと履く靴の置き場。良く見るとベンチの下には普段ばきの靴がしまわれています。「並べているだけだとどうしても散らかった風に見えがち。こうやってベンチ下に置くとすっきり。」とSさん。確かに直接目に触れないので、片付いている印象になっていますね。

玄関は限りがあるスペースなので、できれば有効に使える工夫をしたいもの。こんな風に椅子としても収納としても使えると便利ですね。

「我が家の玄関はもっと狭いよ!」という方におススメの椅子を次ページにピックアップしました。参考にしてくださいね。
狭いスペースにはスツールを>>