「カノ女を部屋に呼びたいけれど、インテリアに今一歩自信が持てない。」と思っている方は多いはず。そんなときには、インテリアのプロの力を借りてみてはいかがでしょう。今回は、インテリアコーディネーターの提案でお洒落に変身した独身男子の部屋をご紹介しましょう。

平凡から脱出したい!

「インテリアをカッコ良く見せたいとは思っているけれど、無難から抜け出せない」という悩みがある25才会社員のAさん。Aさんがコーディネートを頼んだのは7畳くらいの1部屋。

モテ部屋インテリア
部屋の中の家具は、シンプルでモダンなデザインを選んでいるけれど、決めてに欠ける?!

基本的にインテリアには興味があって自分なりにコーディネートをしたそうなのですが、「でも、なんかぱっとしないでしょ。」とAさん。

Aさんが目指したのは、ダークカラーを使った、モダンでお洒落な部屋。キャビネット、ベッド、リビングテーブルには黒やダークブラウンを選び、家具全体のデザインはモダンなもので統一されています。

しかし、なんとなく物足りなく感じることと、物が溢れて常に散らかっているのが気になるそう。 「忙しくてインテリアのことを考える時間もないし、アイディアもないんです。」そこで、Aさんはインテリアコーディネーターに相談することに。


次ページでは、インテリアコーディネーターによって変身したモテ部屋インテリアをご紹介しましょう。
色のチカラでお洒落に>>