色のチカラでお洒落に

Aさんの相談にのったのはIC21のインテリアコーディネーターによる「婚活応援プロジェクトチーム」の面々。今回はその中の一人、木村さんにコーディネート内容について伺いました。

「Aさんのお部屋の家具は、イメージに合わせて上手に選んでいると思います。でも、色に変化がなくって平凡な感じになっているのが残念。もっとメリハリのある色使いにするとお部屋も変わってくるんですよ。」

モテ部屋インテリア
ベッドのファブリックとカーテンを替えるとこんなにお洒落に。

そこで提案したのが、オレンジ色のカーテンです。「Aさんの好きな色が暖色だったのと、お手持ちの家具のダークブラウンと馴染むオレンジをアクセントにするようにカーテンにお薦めしました。カーテンのすぐそばとなるベッドのファブリックには、家具と同様のブラウンを選び、明度を変えて変化をつけています。」

カーテンには、人気のある北欧風の柄をセレクト。幾何学模様がモダンな家具類に良く合っています。また、床にはもともと持っていたベージュのラグを敷いています。寒さ対策にも有効ですが、明るい色のラグを敷いたことで、同化しがちだった床の色と家具にメリハリがつきました。以前と比べると、ぐっとお洒落な感じになっていますね。

上の写真には写っていないのですが、壁面に葉の模様のステッカーもアクセントとして提案されたそう。「Aさんは、観葉植物を置きたいけれど、忙しくて手が回らないとか。ですので、手軽に貼れるステッカーで楽しんでいただこうとお薦めしたんですよ。カーテンのオレンジと葉の緑は対比となって動きもでますから。」と木村さん。


「お部屋をすっきりさせるためには、収納も大事です!」それは次ページで。
ちょっとした隙間が収納スペースに!>>