ありのままのハワイに出会う、モロカイ島

金色の砂浜が続くパポハクビーチ。ひとつづきの砂浜としてはハワイ最長のビーチ(画像協力:ハワイ州観光局)

金色の砂浜が続くパポハクビーチ。ひとつづきの砂浜としてはハワイ最長のビーチ(画像協力:ハワイ州観光局)

古い町並みや手つかずの自然、そして、人情味溢れる島の人たち。高級リゾートや観光施設はありませんが、モロカイ島はハワイの中で最も素朴でハワイらしい場所。何もしないでゆったりとした時間を楽しむ…… そんな長期滞在者が増えています。

モロカイ島のプロフィール

カウナカカイの町(画像協力:ハワイ州観光局)

モロカイ唯一の商店街があるカウナカカイの町。モロカイ唯一の信号機もここにある(画像協力:ハワイ州観光局)

人口の半数以上がハワイ先住民で、ハワイの伝統や文化が大切に守られているモロカイ島。「The Friendly Island(友情の島)」と呼ばれるように、島民の温かいアロハスピリッツを感じる島です。島は東西に細長く、ほとんどが未開発の自然。東部には断崖や滝がある深い森が、西部には赤土の大地が広がっています。

島中央に位置するカウナカカイは、モロカイ最大の町。高い建物はなく、メインストリートに30軒ほどのショップやレストランが並ぶ田舎町です。ラナイ島同様、モロカイ島はマウイ郡に属しているため、郡庁所在地はマウイ島ワイルク市。島を象徴する色は緑で、ククイの木につける白い花が島の花です。

<関連リンク>

モロカイ島はフラの聖地

モロカイ島は、ハワイの伝統文化であるフラ発祥の地といわれています。ハワイ神話によると、島の西部マウナロアにあるカアナの丘で、フラの女神ラカが生み出したそう。毎年5月中旬には、フラの誕生を祝うフェスティバル「カ・フラ・ピコ」が開催され、ハワイや日本からフラ・ハラウ(フラ教室)が集合。非公開による神聖な儀式やワークショップのほか、フラのパフォーマンスも披露されます。

モロカイ島までのアクセス

島のほぼ中央に位置するモロカイ空港には、ホノルル国際空港からアイランドエアーとハワイアン航空のコードシェア便が1日6~7便、モクレレ航空が5~6便乗り入れおり、両社ともにプロペラ機を利用して所要時間は約25分です。また、マウイ島ラハイナ港~モロカイ島カウナカカイ港はフェリーで結ばれていて、こちらの所要時間は約1時間30分。マウイ島発の日帰りツアーも行われています。

紹介記事はこちら>>>ハワイの島間アクセス