建築家・設計事務所/建築家住宅の実例

これぞデザイナーズマンション12-2 「J-patio」(2ページ目)

ゼロワンオフィスが自由が丘に建てた2軒目のコーポラティブハウス「J-patio」の見学記の続編です。今週は、2階から1階~地下にかけての部屋をスポット的にご紹介します。見応え十分ですよー!

執筆者:坂本 徹也

シンプルの極みもよし、変化の極みもよし

天井の高さが開放感を生む、何もないLDK

次はシンプルの極みとも言える1軒。ドイツ系ブラジル人と日本人のご家族の部屋だそうです。
こちらは何もない、いや何もつくってほしくないという要望に応じてシンプルな上にもシンプルにしたとか。コーポラティブハウスのよさは、逆にこうしたこともできるところにあります。
 

主寝室(手前)、子ども部屋、バスルームを機能的に分ける

インテリアにはお金をかけず、素のままを買う。それは今、もっとも安く住宅を手に入れる方法と言えるかも…。1階は階段があるのみのLDK、2階は寝室&子ども部屋&バスルームを合理的に配置した空間になっています。あとは、住まわれてから自分たちの手で自分たちの色に染め上げていくのでしょう。
 



 
地下のバスルームと、吹き抜け中央にある寝室

続いては、スキップフロアの部屋。エントランスを中心に、廊下を抜けると寝室、下がってバスルーム等の水回り、1段上がった踊り場がDEN(ワークスペース)、さらにその上がLDKになっています。
 

空中に浮かぶ隠れ家的ワークスペース

使われている素材も、木からテラコッタ、煉瓦、OSBと多種多様。次々と違うテイストが展開する変化のある空間ですね。しかもその一つひとつが小さいので、すべてが“隠れ家”的な遊びに満ちています。こういうことができるのも、コーポラティブハウスならではの魅力と言えそうです。
 

靴を履いて生活する?オトコ空間

豪快に1階を占拠するガラス張りのバスルーム

最後の1軒は、独身男性が一人で住まわれる部屋。男性っぽい、気取らないシンプルさが満ち溢れています。空間はほとんど素のまま。必要な生活機能が素っ気ないくらいの感じで配置されています。
たとえばガラス張りのバスルーム。あまりにも開放的なそれは、訪れた人をみんな自分色に取り込んでしまうような力強さを持っています。
 

いっそ何も置きたくなくなる広がりある空間

2階は“何もない”LDK。大きな開口部がありますが、外からの視線を考えれば、ここはカーテンかブラインドで緩やかに遮られ、プライバシーを確保しつつ採光と通風の機能を果たすことになるのでしょうか。床は1階も2階もすべてが石タイルで、まるで靴を履いて生活するかのよう。いや、そのほうがここでは暮らしやすいかも知れません。

さまざまな人びとが集い、空間を一部共有しながら住むコーポラティブハウス。そこにはじつに、多様な生活スタイルに合わせて多彩に展開される居住空間が集まっています。いやー、いつ見てもそれは壮観な人間模様ですね。

「J-patio」
企画・設計監理:ゼロワンオフィス
総戸数 :15戸
構 造 :壁式鉄筋コンクリート造 地下1階地上3階建
建築面積:約410.5m2
延床面積:約1399.25m2
住戸面積:約51~98m2台

 「J-patio」の前編はこちら!
 最初のコーポラティブハウス「J-alley 自由が丘」はこちら!
 コーポラティブに関するサイト集
 

【編集部からのお知らせ】
・「20代男性俳優」について、アンケート(2024/5/31まで)を実施中です!(目安所要時間5分)

※抽選で30名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※回答上限に達し次第、予定より早く回答を締め切る場合があります
  • 前のページへ
  • 1
  • 2
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます