異なる素材が渾然一体となる不思議な家

img2
 鈍い輝きを放つ窓枠に注目
森山高至さん(アルス・ノヴァ)が経堂に建てた家「遊々庵」を拝見してきました。一見して建て売り住宅などとは違う外壁の素材や、独特のデザイン処理に思わず足を止めて見入ってしまうような一軒です。

img2
多様な素材の華やかな競演
外観でまず目を引くのが奈良から取り寄せたという銅樋の不思議な色、さらに天然スレートの屋根、そして左官仕上げの外壁と木目方枠のコンクリート外壁…。一軒の住宅に多様な素材が使われ、しかもそれらが渾然一体となっている。その調和と結合感に、思わず「ほうっ」と見入ってしまいました。こういう組み合わせもあるのか…という感じです。

中に入ると、玄関は貝の化石を含むグレーの大理石と木目方枠のコンクリートの組み合わせ。外光が微妙な影を生み出し、その質感をいやがおうにも強調しています。玄関はそのままこの家の中央を貫く通路となり、居住空間はセンターにある中庭を挟んで2つに分かれる恰好で配置されています。

img2
猫の通り道のある浴室のガラスブロック
まず玄関側(道路側)にバスルーム。ここはレンガ状のガラスブロックで仕切られているのですが、内部もガラスとタイル(壁)と大理石(床)を使って一体化をはかった仕上げになっています。このレンガ状のガラスブロックがなかなかGOOD! 手間暇をかけた特注品の贅沢さがしっかり伝わってきますね。もう一方の南側の居住空間は個室になっており、そこはおもに遠来の客を遇する部屋とのことでした。

不思議なのは、中庭と通路の壁に白いレザーが使われていること。なんでこんなところにレザーが?と思わず聞いてみると、「石とコンクリートとガラスの組み合わせがちょっと冷たい印象だったので、あえて柔らかい手触り感覚のものを持ってきた」(宮副ただしさん/アルス・ノヴァ)とのこと。なるほど、なかなかおもしろい発想ですねー。

img2
石とコンクリートとガラスにレザーの壁が加わった空間

続いて2階をご案内しましょう