異字体への切り替え方法

Mac OS Xで異字体を入力するには、「文字パレット」を利用して行います。

画像
文字パレットは右上の日本語入力メニューを開いて「文字パレットを表示」を実行するか、編集 - 特殊文字 を実行します。
アプリケーション上で文字を選択し、文字パネルへドラッグ&ドロップするか、左下の歯車のアイコンから「アプリケーションで選択した文字を表示」を選択すれば、パレット上に選択した文字の情報が表示されます。異体字があれば表示され、文字によっては関連文字といって、同じような字形や意味を持つ漢字なども表示されます。
さらに、右下の検索フィールドを使えば、文字の読みやコードで検索でき、コレクションには中国語用のフォントなども表示されるため、非常に多様な使い方ができます

この文字パレットの機能の豊富さにも Mac OS X の日本語へのこだわりがにじみ出ています。選択した文字に関連するものや異体字を表示する機能だけではなく、使用するフォントごとのデザインの違いまでも確認することができるなど、あまり字形にこだわらない人には過剰な機能と思えるほど。

このように、Mac OS Xならば、非常に多くの字形に対応したフォントが標準でついているだけではなく、それらを余すことなく利用できるような機能が実装されています。

異体字の切り替えやUnicodeに対応したソフトウェアで文章を作成し、PDF出力すれば、WindowsでもMacでもフォントのあるなし関係なく正しい字体が表示されるPDFファイルが作成できるのです。

画像
Mac OS Xなら、印刷機能を持つすべてのアプリケーションでPDFの作成が可能