残価設定ローンのデメリット

車はほしい。でも、デメリットが心配。保障付ならうまくいく?他のローンも含め、自分にいいものを選ぼう。

車はほしい。でも、デメリットが心配。保障付ならうまくいく?他のローンも含め、自分にいいものを選ぼう。

メリットの反面、はっきり確定しない残価を決めるので、デメリットもあります。
ローン期間が終了するときに買い替えなどしない場合は、はじめと同じ状態で返却しなくてはいけ無いことが、デメリットを生んでいます。
  1. ドレスアップしていれば戻さなくてはいけない。
  2. 事故・修復歴、キズ(程度による)規定の走行距離オーバーなどがあれば、下取り評価額が下がり、予定していた残価では引き取ってもらえなくなる。
  3. 当時は良かれと思っていても、時間がたつと不人気車となっており、下取りの評価が下がって残価として認められる金額が低くなることがある。
  4. 残価にも金利がかかっているので、買取目的の場合は金利負担が大きくなり、通常ローンより支払い総額が多くなってしまう。
  5. 割安感があるので、値引きも少なくなる傾向がある。
     

  6.  
などがあります。評価が下がってしまった場合は、その差額を支払わなくてはいけません。自分の車のようで、自分の車ではないような感じです。

デメリットを最小限にするために~保障付タイプの登場

利用するにも、様々なデメリットを考えるとなかなか自由に使えない気持ちになってしまいますが、そのデメリットを最小限にするために、最近は「保障付残価設定ローン」の対象になる車種が出てきました。

「保障付」というのはまさしく、残価を保障するというもの。査定額の変動によるリスクを最小限にしてくれる魅力があります。残価設定ローンの利用に安心感が増しますね。

しかし、保証をつけると通常のものより融通がきかなくなるものもあります。たとえば、保障料が別途かかるので、支払い総額は予定より多くなるかもしれません。また、3~5年後、万が一査定額が上昇していた場合、そのまま返却は返金が無い約束のものが多いので不利になることもあります。こういう場合は、ちょっと損をした気分になりますね。

ローンの最終回はどうなるの

ローンが終わる時期が来ると、残価を清算する方法を考えなくてはいけません。主に下記の3つがあります。

  1.  新しい車に乗り換える
    同じ会社で新車を買い換えるときは、残価の支払いが不要になります。
    新しい物好き、常に新車に乗りたい人には向いているかも
  2. 車を返す
    生活スタイルが変わることも多いので、車が不要または違う会社で買うという人は、返してしまうと残価の支払いが不要。ただし、残価に差額が出ている場合は支払う必要がある。
  3. 買い取る
    残価を一括または分割で買い取る。

     
残価設定ローンには、このような特徴、メリット、デメリットがあります。

ローンで車を買おうと考える方は、通常のオートローンや支払い変更可能なバジェットローンなど、様々な種類のローンの情報を集め、残価設定ローンも含めて比較検討して、自分が無理なく利用できるローンを考えてくださいね。

【編集部からのお知らせ】
・All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
※抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※2022/1/1~2022/1/31まで

お金のYouTubeチャンネル2周年企画を1/12から配信決定!
マネープランクリニックでおなじみの深野康彦先生への大質問会、茂木健一郎さんに聞く金持ち脳と貧乏脳の違い、林家ペー・パー子さんに聞く老後のお金など……10日間連続でお金を楽しむ動画を配信します。
予告動画を見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。