標準で使えるカスタマイズ機能を使った活用方法

Mac OS Xでは、システム環境設定の“キーボード”にある“キーボードショートカット”で、ショートカットが割り当てられていないメニューにもショートカットを設定できます。普段よく使う操作にショートカットを割り当てておくと、とても快適になるので、おすすめのカスタマイズです。
[+]ボタンをクリックして設定を追加します。「…」の記号はひらがなモードで option キーを押しながら「;/れ」のキーを押すと入力できます(クリックで拡大)

[+]ボタンをクリックして設定を追加します。「…」の記号はひらがなモードで option キーを押しながら「;/れ」のキーを押すと入力できます(クリックで拡大)


しかし、やみくもに設定しても意味がありません。ある程度よく使う操作で他のショートカットと重複しないように上図に設定しましょう。以下に私が設定しているショートカットを紹介しますので、参考にしてください。

●「プレビュー」などの画像系アプリケーションが便利になる割当
  • メニュータイトル:「JPEG」にcommand + shift + J を割り当てる
    このショートカット設定はダイアログ上のポップアップメニューにも有効です。「command + shift + s」によりファイル保存ダイアログを表示して「command + J」で保存形式がすぐに“JPEG”になります。とても快適です。
  • ちゃんとショートカットの表示までしてくれます

    ちゃんとショートカットの表示までしてくれます

  • メニュータイトル:「サイズを調整…」に「shift + command + K」を割り当てる。
    JPEGの場合と同様に、画像の解像度の変更にもショートカットを設定しましょう。これらの設定により、ファイルを開いて種類と解像度を変更、保存するまでをすべてキーボード操作だけで行えるようになります。
     
●ウインドウ操作全般
  • あらゆるアプリケーションのウインドウメニュー - 拡大/縮小(またはZoom)にショートカット「command + control + Z」を割り当てると、ウインドウをショートカットで拡大できるので便利です。WordやExcelでは、このメニュー名が「ウインドウの拡大/縮小」というものになっていますので、すべて同じショートカットを設定しましょう。

サービスメニューにショートカットを割り当てる

Mac OS Xには昔から「サービス」という機能があります。異なるアプリケーションで共通の機能として使うことができ、選択したテキストをメールするときなどに使います。
あまり使われていないサービスメニューですが、使いこなすと便利です(クリックで拡大)

あまり使われていないサービスメニューですが、使いこなすと便利です(クリックで拡大)


Mac OS X v10.6 Snow Leopardから、サービスメニューをAutomatorを使って自分で作れるようになりました。ショートカットを割り当てれば、キー操作だけでいろんな自動処理を行うことができます。
Automatorは使いたい機能をマウスでダブルクリックして追加するだけでできあがるため、誰でも簡単に作業の自動化ができます(クリックで拡大)

Automatorは使いたい機能をマウスでダブルクリックして追加するだけでできあがるため、誰でも簡単に作業の自動化ができます(クリックで拡大)


ここではサンプルとして“テキストエディタと辞書をショートカット1回で同時に起動する”サービスメニューを作ってみましょう。

【作成手順】
  1. Automator を起動して「サービス」を選択します
  2. 画面上にでてくる「“サービス”は、次の項目を受け取ります:」の右側のメニューを「入力なし」にします
  3. いちばん左側から「ユーティリティ」、その右側で「アプリケーションを起動」を見つけ、ダブルクリックします
  4. 右側に表示される「アプリケーションを起動」アクションで「テキストエディット」を選びます
  5. 3をもう一度実行し、今度は「辞書」を選びます
  6. ファイル > 保存 で「テキスト編集開始」という名前で保存します。これで、サービスメニューに「テキスト編集開始」が表示されました。“サービス”環境設定…を開いて、ショートカットなどを割り当てても便利に使えます
たった2つのアクションを追加して終わりです(クリックで拡大)

たった2つのアクションを追加して終わりです(クリックで拡大)



まだまだMacならではのテクニックがいっぱい!

これまでに紹介したもの以外でも、Macならではの使い方はたくさんあります。ヘルプやマニュアルをよく読んでいくと意外な操作のヒントが見つかったりするのもMacのおもしろさです。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。