「ムービーメーカーでビデオ編集」 の第6回目は、ムービーの出力編です。今回は、編集したムービーを、WMV形式のビデオファイルとして出力/保存する方法を解説します。

ムービーをハイビジョンで発行する

編集を終えたら、いよいよムービーとしての出力です。ところで、ムービーメーカーでは、編集を終えたデータを出力することを「発行」と呼んでいます。今回は、パソコンのハードディスク上に、ハイビジョンのビデオファイルとして発行する方法を解説します。

今回、サンプルとして編集している映像データは、第1回目で解説したように、HDV形式の映像です。せっかくのハイビジョン映像なので、その画質を活かして出力、いや発行してみましょう。

1・発行方法を選択する

「作業」にある「発行先」で、どこにビデオファイルを出力するかを選択します。今回は、パソコンのハードディスク上に出力するので、「このコンピュータ」を選択します。

▲発行先として、「このコンピュータ」を選択する。


2・ファイル名を入力する

ムービーの発行」ダイアログボックスが表示されるので、「ファイル名」に発行するファイルの名前を入力します。ここでは、「kagurazaka」と入力してみました。

▲ファイル名を入力する。


3・保存先を指定する

発行先」では、ファイルの保存先を設定します。デフォルト(初期設定)では「ビデオ」に設定されていますが、「参照...」ボタンをクリックして、保存先を自由に変更できます。

▲「参照...」ボタンをクリックする。

▲「フォルダの参照」ダイアログボックスが表示されるので、保存先フォルダを選んで、「OK」ボタンをクリックする。

▲発行先が変更される。


4・「次へ」ボタンをクリックする

ファイル名、発行先を確認して、「次へ」ボタンをクリックします。

▲「次へ」ボタンをクリックする。


5・デフォルトの出力設定を確認する

ムービーの設定を選択する」画面に切り替わります。ここでは、発行するムービーの表示サイズや縦横比、ビットレートなど、ムービーとしての画質、サイズに関わる設定を行います。

なお、デフォルトでは、「コンピュータの最高の品質で再生(推奨)」に設定されており、その設定内容が、画面左下の「ムービーの設定」に表示されています。

▲デフォルトでは、「コンピュータの最高の品質で再生(推奨)」に設定されている。

デフォルトの設定内容。


6・ムービーの出力設定を変更/選択する

ハイビジョン画質で出力するため、「ムービーの設定を選択する」で「追加の設定」を選び、「▼」をクリックすると表示されるドロップダウンメニューから、「Windows Media HD 1080p(7.8Mbps)」を選択します。

設定内容を「ムービーの設定」で確認すると、表示サイズは「1440x1080ピクセル」で、HDVと同じ表示サイズに、そして、「縦横比:」は「16:9」のワイドバージョンに設定されているのがわかります。また、その右の「ファイルのサイズ」には、発行されるファイルの予測サイズが表示されています。

 

▲「Windows Media HD 1080p(7.8Mbps)」を選択。

▲ハイビジョン対応の設定内容に変更されている。

▲発行されるファイルのサイズが、ここに表示されている。


7・ファイルを発行する

発行」ボタンをクリックすると、ファイルがハードディスク上に発行され、ファイルとして保存されます。

▲「発行」ボタンをクリックする。

▲ファイルの発行作業が開始される。


8・ファイルを再生する

発行が終了すると、「ムービーが発行されました」メッセージが表示されるので、「完了」ボタンをクリックしてください。オプションでムービーの再生がオンになっていれば、発行され他ムービーが再生されます。また、指定したフォルダには、ビデオファイルが保存されています。

▲発行のオプション。

▲ビデオファイルが出力されている。

このファイルをダブルクリックすると、Movie Playerで再生されます。ハイビジョン映像なので、画質も文句なしです。

▲Movie Playerで再生。

また、別途サイズを変更して出力したファイルを、ガイドのブログにアップしておきました。興味ある方は参考にご覧ください。下記のリンクをクリックすれば観られます。なお、表示サイズ,ビットレートなどはブログ用に変更しているので、ハイビジョン画質ではありませんのでご了承ください。

  ガイドのブログで発行したムービーを再生する

ところで、次回は、番外編として、フェードアウトについて解説します。今回のサンプルをご覧頂くとわかるのですが、突然映像が終わっています。これをフェードアウトさせながら終えるように変更する方法を解説します。

■関連記事
ムービーメーカーでビデオ編集 第1回目:映像を読み込む
ムービーメーカーでビデオ編集 第2回目:トリミングする
ムービーメーカーでビデオ編集 第3回目:タイトルを付ける
ムービーメーカーでビデオ編集 第4回目:切り換え効果を設定
ムービーメーカーでビデオ編集 第5回目:BGMを設定する
ムービーメーカーでビデオ編集 第6回目:ムービーを発行する
ムービーメーカーでビデオ編集 番外編1:フェードアウトを設定する




■容量たっぷり20GB、国内通話5分無料も付いて、2970円(税込)



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。