「ムービーメーカーでビデオ編集」 、番外編は、フェードアウトの設定です。映像がブチッと突然終わるのではなく、徐々にフェードアウトしながら終わるように、ちょっと工夫してみましょう。

フェードアウトと設定の準備

いきなりフェードアウトといわれてもわからないかも知れませんね。フェードアウトにはいろいろなタイプがあるのですが、ここで紹介するのは、徐々に映像が消えていくという効果です。突然、ブチッと映像が終わるのではなく、徐々に映像が消えながら終わるというように、余韻を残してムービーが終わるという工夫をしてみましょう。

改正したムービーは、ガイドのブログで確認できますが、静止画像で示せば、下記のようになります。

▲フェードアウトを設定した終わり方。徐々にムービーが消えていく。
 

さっそく、この設定を行ってみましょう。

背景画像を「ペイント」で作成する

最初に、背景となる画像データを準備します。ここでは、黒い背景に映像が消えていくという効果にしたので、黒い画像データを用意します。データは、グラフィックソフトで作成しますが、Windowsに標準搭載の「ペイント」で十分です。ここでも、ペイントで作成する方法を紹介します。

1・黒で塗りつぶす

ペイント」を起動し、「塗りつぶし」機能を利用して、キャンバスを黒色で塗りつぶします。

▲「塗りつぶし」機能を利用して、黒で塗りつぶす。

2・保存する

メニューバーから、「ファイル」→「名前を付けて保存」を選択し、「ファイル名」に好みの名前を設定して保存します。画面では、「背景」というファイル名で保存しています。この場合、背景の色が黒なので、サイズは自由でかまいません。

▲適当なファイル名を入力して、保存する。