Movable Typeを自分のスペースに設置(インストール)する

Movable Type
Movable Type

ブログツールの代表格「Movable Type」(ムーバブル・タイプ)を、自分のホームページスペースに設置してみましょう。

レンタルブログサービスを利用するよりも、ブログツールを自分で設置する方が、遙かに柔軟なカスタマイズができます。 デザインの変更も自由ですし、余計な広告も表示されません。 自分でAdSenseなどの広告を設置すれば、そこから収益を得ることも可能です。

ブログツールを使いたいと思っていて、設置できるスペースを持っているにもかかわらず設置していないのは、大変もったいないと言えるでしょう。

Movable Typeの設置作業そのものは難しくない

「Movable Type」の設置作業は決して難しくありません。 ただ、設置可能な環境(=サーバで使える機能)が一般的なCGIよりも厳しいだけです。(後述)
環境さえあれば、この記事(合計6ページ)で説明する手順通りに操作すれば、簡単に設置できます。 ぜひ、挑戦してみてください。

■操作手順

Movable Typeの設置は、以下の5ステップで完了します。

  1. Movable Typeをダウンロード
  2. Movable Typeを自分のスペースにアップロード
  3. Movable Typeの設定ファイルを編集
  4. Movable Typeのアカウントを作成
  5. Movable Typeにログイン

■設置のために必要な操作知識

Movable Typeの設置操作のために必要な知識は以下の通りです。

  1. 圧縮ファイルを展開(解凍)できる
  2. FTPソフトを使ってファイルをアップロードしたり属性を変更したりできる
  3. テキストエディタを使ってファイルを編集できる

これだけで十分です。どれも、ホームページを作っている方々なら簡単なことでしょう。 これらの操作が可能なら、あっという間にセットアップを完了できます。

Movable Typeの動作に必要な環境

Movable Typeの動作環境チェックCGI
Movable Typeの環境チェック

たいていのブログツールは、データベースが利用可能なサーバでないと動作させられません(※)。 「Movable Type」もそうです。そのため、設置環境は多少選びます。 無料のスペースやプロバイダ提供のスペースでは(おそらく)無理です。 しかし、レンタルサーバを利用しているなら設置可能であることが多いでしょう。

※ブログツールによっては、データベース以外にも、いくつかのモジュールが必要な場合があります。 また、データベースが不要なブログツールも存在します。(たとえば、Serene Bachなど)
※Movable Typeは、MySQL・PostgreSQL・SQLite・DerkeleyDBのうちいずれか1つのデータベースが必要です。

Movable Typeには、動作に必要な条件を満たせているかどうかをチェックするCGIが付属していますから、 自分のスペースで使えるかどうかは、試してみればすぐに分かります。 明らかに無理だと分かっているのでなければ、試してみると良いでしょう。 (※Movable Type公式ページにも記載されています。)

それでは、まずはMovable Typeのパッケージをダウンロードしましょう。

1. Movable Typeをダウンロード >>

なお、途中のステップを飛ばして読みたい場合は、以下の目次からどうぞ。

  1. Movable Typeをダウンロード
  2. Movable Typeを自分のスペースにアップロード
  3. Movable Typeの設定ファイルを編集
  4. Movable Typeのアカウントを作成
  5. Movable Typeにログイン