マカオの地元料理とは

大航海時代の味がたっぷりつまったマカオ料理。「エスカーダ」にて撮影。 (c) Miyuki Kume

大航海時代の味がたっぷり凝縮されたマカオ料理。「エスカーダ」にて撮影 (c) Miyuki Kume

そもそも、マカオに地元料理が存在するの?と思われる日本人も多くいらっしゃるでしょう。もちろん、あります! マカオが世界に誇る地元料理といえば、「マカオ料理(ポルトガル料理)」と「広東料理」。特にマカオ料理は日本では全く知られておらず、世界でもここでしか楽しめないご当地の味! 「広東料理」といえば香港や広州が有名ですが、マカオも広東エリアの一部にあり、広東料理の本場の一つとされています。ぜひお試しください。

地元料理1 マカオ料理(葡國菜)

代表的なマカオ料理の数々。「リトラル」にて撮影。 (c) Miyuki Kume

代表的なマカオ料理の数々。「リトラル」にて撮影 (c) Miyuki Kume

マカオ料理とは、ポルトガル料理の発展形ともいえる料理で、スパイスと出汁を染み込ませた、食欲をそそるメニューが特徴です。大航海時代、ポルトガル本国からマカオへ至る航路の途中にあった旧ポルトガル植民地のアフリカ、インド、東南アジア各地のスパイスや食材、料理法などが、ベースとなるポルトガル料理に加わってでき上がったものとされています。

ワイン産地としても有名なポルトガル由来の料理が多いため、ワインにもよく合います。ぜひ、マカオでは種類も多く価格もリーズナブルなポルトガルワインと一緒に味わってみてください。

マカオには数多くのポルトガル料理レストランがありますが、実は純粋なポルトガル料理のお店は少数派で、多くがマカオオリジナルのマカオ料理メニューを用意しています。地元ではマカオ料理含めたポルトガル料理全般が漢字で「葡國菜」(葡國とはポルトガルを指す)と書かれるため、その差がわかりにくくなりがちです。

マカオ料理の代表メニュー1 カレークラブ

ヴェネチアンにある「マデイラ」のカレークラブ。 (c) Miyuki Kume

ヴェネチアンにある「マデイラ」のカレークラブ (c) Miyuki Kume

最もメジャーなマカオ料理の1つで、地元産のカニをカレーで煮たスパイシーなメニュー。実は類似の料理がポルトガル本国にはないこともあり、マカオ料理の代表格として取り扱われています。ほとんどのポルトガル料理レストランにあるメニューで、それぞれにお店独自の秘伝の味付けがあるのも特徴。同じカレークラブでもお店によって味が大きく違うので、お気に入りを求めて食べ歩くのも面白い。

 

マカオ料理の代表メニュー2 アフリカンチキン

「エスカーダ」のアフリカンチキンはココナツミルクたっぷり。 (c) Miyuki Kume

「エスカーダ」のアフリカンチキンはココナツミルクたっぷり (c) Miyuki Kume

たっぷりとスパイスをきかせたチキン料理。1970年代にポルトガルのアフリカ植民地が次々と独立した際にマカオへ移り住んだポルトガル人が伝えたものとされています。アフリカ由来のピリ辛スパイスを使ったもの、東南アジアのココナツミルクを使ったものなど種類も豊富。