Skyscrapers(スカイスクレイパー:摩天楼)
縦に長い広告。その形から、ページの右側に設置されることが多い形です。ページの右側は開いてしまうことも多いため、その穴埋めとしても効果的に使えるサイズ。

Wide Skyscraper(ワイドスカイスクレイパー)
バナーの大きさ 160px × 600px


Skyscraper(ワイドスカイスクレイパー)
バナーの大きさ 120px × 600px


Half Page Ad(ハーフページ広告)
バナーの大きさ 300px × 600px



その他、良く使われるサイズに200px×40px等もあります。これらのサイズは、こういった規定が出来る以前に良く使われていたり、日本では一般的なサイズである等の理由で今も広く使われています。

バナーは最初は静止画(gif)画像が一般的だったのですが、最近では、Flashバナーやgifアニメバナーなど、様々なバナーが登場し、インターネットをにぎわせています。

一方で、見る側も、広告バナーへの耐性が高まっているため、更なる新しい形が求められるようになってきています。広告バナーは今後も進化しながらアフィリエイトの世界をにぎわせてくれるでしょう。

 



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。