エコ楽ボックス アート引越センター

これなら子どもに手伝わせて、家族一緒に梱包ができそう。

こちらは、食器専用ボックス。子どものお手伝いも期待できそう。

1994年からリユース資材の活用を始めてきたアート引越センター。2008年7月にはエコ楽ボックスを使ったサービスが始まり、食器類と靴の専用ボックスが用意されています。エコ楽ボックスの最大のメリットは無料で貸し出してくれること。開発に時間をかけたというエコ楽ボックスは、子どもからお年寄りまで、誰でも簡単に荷造りを行うことが可能です。(靴は当日スタッフが詰める)。ただし、ダンボール箱を利用した場合には、ダンボール箱、梱包用の紙資材、エアキャップ、ガムテープの費用が必要となります。できるだけエコ楽ボックスを利用するのがお得と言えます。

エコ資材を導入した当初2割程度だった利用率は、現在では3割から4割を超える勢い。利用をする場合はできるだけ早めに申し込む必要があります。

いかがだったでしょうか。ご紹介の通り、エコロジーを考えたいろんな資材が開発されています。反復資材の利用はゴミを削減するだけでなく、梱包に費やしていた労力まで軽減してくれる人にも優しい資材です。

【関連記事】
荷造り・梱包のコツ

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。