USBモードの切り替え

USBドライブを使用するにはRDと外付けハードディスクをUSBケーブルで接続し、ハードディスクの電源を入れた上で、動作モードをUSBに切り替える必要があります。これはクイックメニューから切り替えることができます。

ちなみにこの切り替えは記録メディアとして、「DVD」か「USB接続ハードディスク」かを切り替えるものです。USBモードではUSBハードディスクが、DVDモードではDVDドライブが使うことができます。内蔵HDDに記録された録画をDVDに書き出すような場合はDVDモードで行う必要があります。

USBモードではDVDドライブへの書き込みアクセスができなくなり、当然、ダビングをすることができません。これは内蔵ハードディスクからでも外付けドライブからでも同様です。

対象ドライブのUSBへの切り替えは、クイックメニューから可能。

対象ドライブのUSBへの切り替えは、クイックメニューから可能。



USBハードディスクを使う準備

はじめてUSBハードディスクを使う場合は、まずはRDにそのドライブを登録し、フォーマットする必要があります。

登録は、スタートメニューの「設定メニュー」から「はじめての設定/管理設定」の「記録用USB登録設定」を実行することで行えます。

この機能を実行すると、接続しているUSBハードディスクが自動的に選択されているので、そのまま「登録」を実行すると、そのドライブが登録され、ドライブがフォーマットされます。この時のフォーマット作業はフォーマットは1分もかかりませんでした。なお、このドライブはあらかじめNTFS形式でフォーマットされていたものです。
USBハードディスク登録画面

USBハードディスク登録画面