婚約記念品のしきたり

指輪
予算や準備の時期が気になる婚約記念品
婚約記念品は、結納などの際に交換する品物のこと。男性から女性に対しては、やはりエンゲージリング(婚約指輪)がほとんど。ドラマなどではプロポーズのときに指輪ケースをパカッと開けて……というシーンがよくありますが、女性にとってはデザインも気になるところなので、最近は2人で一緒に決めるケースが多いようです。

女性から男性に対しては、時計やスーツが主流です。普段活用できるものを選ぶのが最近の傾向。品物を何にするかは、男性自身の希望を聞くことが多くなっています。

ここでしきたりを1つ。

婚約記念品は結納の際に交換する

婚約記念品は、正式には結納や会食の際にやり取りするのが一般的です。指輪などはそれより前に贈られるケースも多いようなので、指にはめていても構わないのですが、結納の際には一旦外してケースに納め、交換するようにしましょう。また、指輪はサイズ直しや文字の刻印など、すぐに手元に届くものではないので、直前に買いに行っても間に合いません。のんびりしている人も、1ヶ月前くらいにはジュエリーショップに行くようにしましょう。

「婚約指輪は給料の3か月分」なんてキャッチコピーが知られていますが、それは今や昔の話。30万円前後が平均相場になっていて、2人の経済状況に合わせて選ぶようになっています。最近は地金の高騰で指輪の価格が上がっています。婚約指輪だけでなく、結婚指輪も用意することになるわけですから、予算はよーく考えて選びたいもの。なお、男性に贈られる記念品の予算は、「半返し」といって、女性に贈られる品物の半額程度を予算とすることが一般的です。


両家の関係が始まるのは、この婚約に至る時期。ここをビシッと決めて、親御さんの信頼を得れば、その先の結婚式の準備も進めやすくなります。2人の最初の一歩、頑張ってくださいね。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。