カードや便箋にもこだわりを

letter
みんなの前で読むものだから便箋や封筒にも気を配って
花嫁が手紙を読むときは、ゲスト全員からの大注目を浴びます。意外と見られるのが、手紙それ自体。レポート用紙などではなく、ちゃんとカードやレターセットもセレクトして、特別に用意したという感じにしたいですね。結婚して、社会的にも一人前のオトナになるわけですし、キャラクター付きの便箋というのも、ちょっといただけません。

手紙を読むシーンでは、涙を流すことを予想する人も多いでしょう。それを考えて、ハンカチを用意しておきます。これを、ブーケの持ち手に巻いて持たせる場合もあるようですが、ぜひ新郎にポケットに入れて持っていてほしいもの。新婦が涙を流したときに、さっとハンカチを出して、涙を押さえてあげる新郎……このシーンがまた感動を誘うはず。

新郎の手紙というのは、まだまだ少ないものの、最近メッセージを伝えたいというケースが増えてきました。男性が両親に「ありがとう」と涙ぐみながら伝えるシーンは、感動的です。ゲストの前で読まない場合でも、花束やプレゼントに、カードを忍ばせておいてはいかがでしょう? 後で見つけたお父さん、お母さんも、きっと喜んでくれますよ。

【編集部からのお知らせ】
お金のYouTubeチャンネル2周年企画を1/12(水)から1/21(金)まで、10日連続で配信中!
茂木健一郎さんに聞く金持ち脳と貧乏脳の違い、林家ペー・パー子さんに聞く老後のお金、マネープランクリニックでおなじみの深野康彦先生への大質問会など……10日間連続でお金を楽しむ動画を配信します。
1日目2022年12星座の金運総覧! あなたはお金が貯まる体質? 投資がうまい体質?」を見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。