デザインを考える

招待状いろいろ
たくさんのデザインから2人やウェディングの内容にふさわしいものを選ぼう
招待状のデザインも多種多様になりました。カード本体のデザインだけでなく、文字の色や字体を選べるものや、写真を取り込めるものなど、オリジナリティを盛り込める商品も出ています。また、手作り用のキットも種類が豊富で、自宅のパソコンとプリンターで手軽に本格的な招待状を作ることも可能になっています。

しかし、たくさんの種類の中から、どのデザインを選択するか、迷うところですよね。披露宴のコンセプトやテーマが固まっているなら、それを基準に選ぶことができます。招待状とお揃いで、当日使用するペーパーアイテムまで決めてしまうこともできます。それ以外のアイテムを決める際にも同じテーマで選んでいけば、統一感が生まれます。

友人から披露宴の招待を受けた時、その日の服装は何を参考にして考えますか? 会場の名前で雰囲気を想像するのはもちろんですが、招待状のデザインを見て、きちんとした服装にしようとか、ちょっと華やか目がいいかな、など考えませんか?

会費制のパーティなどがそのよい例なのですが、会費が2万円という比較的高めの設定で、披露宴としてご案内する際に、招待状をフォーマルなイメージのもので出すと、ゲストの服装もフォーマルになり、招待状をカジュアルなものにして出すと、ジーンズで現れる方もいるということが実際にあります。それだけ招待状から受けるイメージの影響があるということなんです。ですので私も、カジュアルに見られがちな会費制の場合は、特にしっかりとした招待状を出すことをお勧めするようにしています。

いよいよ発送! 注意点は?

まず、招待状のセット内容を確認しましょう。

● 全員に必要なもの
  • 招待状本状
  • 返信ハガキ(50円切手を貼ります)
  • 地図(会場で手配できます)
  • 封筒(裏側に両家の差出人の住所と名前を印刷します)

● 特定の人に同封するもの
  • ふせん(挙式や親族紹介、祝辞などの種類あり)

宛名書きは、招待状の文章が縦書きなら封筒も縦書き、横書きなら封筒も横書きにします。「毛筆で手書きがマナー」と過去には言われ、確かに毛筆でしっかりと書いたものは、しっかりと準備したという印象を与えるのですが、横書きの招待状が増えて、筆では書きにくいのも事実です。縁起よく太く濃く書くというポイントは外せませんが、筆記具はサインペンなどでもよしとされるようになってきました。

また、印刷での宛名書きも定着してきているので、パソコンを使用して印刷してもよいでしょう。ただし印刷する際の汚れには十分気をつけて! 万が一のことを考えて、封筒は少し多めに用意しておくと安心ですよ。

切手は「慶事用切手」を使用するのが一般的です。50円、80円、90円の3種類があります。封筒は中身によって重さが変わるので、切手を買いに行く際に、郵便局に実物を1セット持参して、重さを量ってもらうのが確実です。そして、返信ハガキにも50円を忘れないように貼りましょう。

最近は輸入カードなどの定形外のものもあるので、その場合は送料が120円かかりますから注意してください。料金不足で、招待状が「出戻ってきてしまった」ということになっては縁起が悪いですから……。招待状はいわば披露宴のイントロダクション。ゲストに「当日が楽しみ!」と思わせるような、素敵な招待状でお知らせしたいですね。


■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
経験談の応募はこちらから!

【経験談例】
第三子を出産してすぐ、夫の社内不倫と、相手女性の妊娠が発覚。それでも夫婦関係の再構築を選択した話(30代、女性)

40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)

W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。