【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

ジュエリーの売上の一部が寄付される

結婚を機にプチ社会貢献してみよう!
結婚を記念して、何か社会貢献してみてはいかが?
エコロジーを意識したエコ・ウエディングが話題になるなど、結婚という個人的な事柄を通じて社会に何らかのお返しや貢献をしようと考える人は、少しずつですが増えてきているようです。社会貢献と言うとなんだか大げさですが、「ふたりの幸せをできる範囲でおすそ分けする」と捕らえると、わかりやすいかもしれませんね。

結婚を機にふたりで何か記念になることがしたい(さりげなく社会に貢献できるもの。でも、あんまり面倒くさいのはいや)と考えるふたりにおすすめしたいのが、結婚情報誌『ゼクシィ』とジュエリーブランド『Samantha Tiara』のコラボーレートで誕生した「絆のジュエリー」です。

このジュエリーは両社のCSR活動によって生まれたもの。ちなみに、CSRとはCorporate Social Responsibilityの略で、「企業の社会的責任」の意味。企業によってその活動内容はさまざまですが、環境保護や社会貢献活動、メセナ活動などを行う場合が多いようです。

というわけで、この「絆のジュエリー」では、売上の一部が国際NGOプラン・ジャパンの活動を通じて、発展途上国の女の子の教育支援にあてられることになっています。つまり、ジュエリーを購入すれば、発展途上国の女の子の教育に役立つというわけ。発展途上国の女の子のためというのが、いかにも『ゼクシィ』&『Samantha Tiara』らしいですね。

次ページでは「絆のジュエリー」をご紹介!