新郎新婦側に立って参列者を迎える

媒酌人夫人は花嫁の母親代わりに

媒酌人夫人は花嫁の母親代わりに

では、現代の「頼まれ仲人」=結婚式の媒酌人の役割とはどんなものでしょうか。

媒酌人は基本的には主催者側(新郎新婦)になります。親族紹介の司会役を務めたり、神前挙式では参列者を代表して玉串奉奠も行います。

披露宴では、新郎新婦の付添役に。とくに、媒酌人夫人は花嫁の母親代わりとなって、花嫁をエスコートしなくてはなりません。また、媒酌人は披露宴冒頭で招待客に対して挨拶するとともに、新郎新婦の紹介なども行います。責任重大な役目といえるでしょう。

新時代の「仲人」とは?

恋愛結婚が一般化するに伴い、姿を変えてきた仲人。「頼まれ仲人」は頼まれたほうも迷惑だろうという配慮から、ここ10~20年くらいでかなり減少しています。まさに風前の灯の風習といえます。

仲人には古くさいイメージがあるのは事実。しかし、ちょっと見方を変えて、仲人(媒酌人)を結婚式の立会人というふうにとらえてみてはいかがでしょう。

夫婦の先輩として新郎新婦が尊敬する人に、立会人として仲人をお願いしてみるのも、ひとつの演出として面白いかなと思います。立会人には新郎新婦へのインタビューをお願いするなどすれば、堅苦しいイメージも払拭できるのではないでしょうか。

■「仲人」に関連する記事をチェック!
現代仲人事情を大考察 仲人なんかもういらない!?
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。