【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

結婚するにはお金がかかる?

会費制ウェディング

お金が無いなら、アイディアで満足できる結婚式をするのが、賢い妻。大切なのは、ふたりの愛と、家族になる意思です。

結婚をするにはお金がかかる、というのは昔も今も世間一般の認識のよう。ゼクシィ結婚トレンド調査2015 全国(推計値)においても、結婚費用(結納・婚約~新婚旅行までにかかった費用)の総額は平均460万7000円。確かに安くはありません。

これから始まる新生活のことを考えると、結婚式だ~! などと浮かれてばかりもいられないと考えるカップルも多いことでしょう。

とはいうものの、あまりケチケチしすぎると、せっかくきていただいたゲストに対して失礼になってしまうことも。ゲストを温かくもてなしつつ、無駄な出費はしっかり抑える、これが大人の節約結婚式のセオリーです。お金をかけずに結婚する方法も知っておきましょう。

【目次】
・最もお金をかけない結婚方法は「婚姻届を提出するだけ」(このページ)
・挙式または写真撮影だけを行う手も(このページ)
どうしても式がしたい人のための王道節約テクニック(2Pめ)
人脈や会員制度を駆使した節約術(3Pめ)

最もお金をかけない結婚方法は「婚姻届を提出するだけ」

お金をかけずに結婚する究極の方法は、結婚式を行わないことです。つまり、婚姻届を提出するだけ。これならまったくお金はかかりませんよね。

たとえば、両家で結婚記念の食事会をしたとしても10万円もあればそこそこの料理は食べられるはず。結婚報告はがきはふたりで手作りすれば、材料費は5000~1万円ほどで、これに切手代がプラスされるくらい。親しい親戚には挨拶に出向くとして、内祝い代が1軒当たり5000円程度でしょうか(先にお祝いをいただいている場合は、いただいた金額の半額程度の品物をお返しします)。

挙式または写真撮影だけを行う手も

婚姻届を提出するだけではちょっとさみしいというのなら、挙式だけ行うというのはどうでしょうか? こぢんまりとした愛らしいチャペルでの挙式に新郎新婦の衣装代やヘアメイク、写真などがついて5万円ぐらいから行うことができます。

和の雰囲気でというのなら、お近くの神社を当たってみてはいかが? 有名神社だと相応の挙式料が必要となりますが、地元の神社なら3万~5万円くらいの場合も。神前挙式だからといって白無垢や紋付きを着なければならないということはなく、改まった服装であればOKなので、衣装代もかかりません。

挙式のみも大歓迎というホテルや専門式場も少なくなく、お得なプランを用意しているところもあります。

また、挙式はしなくてもいいけれど、記念に写真は欲しいというのなら、写真だけの結婚式というテもあります。こちらも衣裳やヘアメイクなどがついて5万円ぐらいから。衣裳を数着着て撮影しても楽しいかもしれません。

少人数? 会費制? どうしても結婚式をしたい人におすすめの節約方法>>>