人前式は宗教によらないセレモニー

人前式は宗教に関係なく挙げる式です

人前式は宗教に関係なく挙げる式です

現在のところ、日本で行われる挙式のスタイルはキリスト教式、神前式、人前式の3スタイルがほとんどを占めています。なかでも人気があるのはキリスト教式ですが、最近は人前式の人気が高まってきているようです。

人前式の最大の特徴は、宗教とはまったく関係のないセレモニーだということでしょう。ですから、信者ではないのにキリスト挙式や神前式で挙式するのはなんとなく違和感があるという人はもちろん、新郎新婦で信じる宗教が違うという場合にも、人前式が採用されることが多いようです。

ゲストの前で結婚を誓う

キリスト教式や神前式は神様に対して結婚を誓うのですが、人前式では参列者の前で愛を誓い合います。これまでずっとふたりのことを見守ってきてくれた参列者を前に、結婚を誓い合うことができるのも人前式の大きな魅力といえるでしょう。

挙式の場所を問わない

一般的に、キリスト教式はチャペルや教会で、神前式は神殿でセレモニーが行われます(とはいうものの、キリスト教式も神前式も司祭がいればどんな場所でも挙式は可能)。

一方、人前式では特別な場所は必要ありません。たとえば、宴会場で人前式を行い、その流れで披露宴を行うことも可能です。

挙式費用が比較的リーズナブル

人前式では特別に場所を用意することもなく、宗教者の司祭を招く必要もないので、キリスト教式や人前式に比べ、費用が安上がりなのも嬉しいところです。

ただし、ホテルやゲストハウスなどでチャペルを使用して行う場合は施設料などがかかり、キリスト教式と比べてそれほど安くなるということはないようです。

決められたプログラムがない

キリスト教式や人前式には決められたセレモニーのスタイルがあります。挙式場によって若干異なることもありますが、だいたいは同じ内容となります。

一方、人前式には決められたスタイルがありません。内容やプログラムなどすべて自分たちで決めて構いません。この点が、オリジナリティあふれる結婚式をしたいというカップルに受けているようです。

人前式のプログラム・流れの例

人前式の流れをおさえよう

人前式の流れをおさえよう

ただし、すべて自由でOKといわれると、どうしたらいいのかわからないと戸惑ってしまうのも事実。あまりにくだけ過ぎると、セレモニーとしての厳粛さがなくなってしまいます。

アットホームな雰囲気を確保しつつ厳粛さも醸し出すには、やはりきちんとしたプログラムが必要です。そこで、人前式のプログラム例を載せておきます。これを参考にして、自分たち流にアレンジするとよいでしょう。

1. 開式の辞

司会者が開式を宣言します。これによって、参列者に気持ちを切り替えてもらい、厳粛な雰囲気を醸し出します。

2. 新郎新婦入場

キリスト教式のように、新郎が先に入場し、続いて新婦が父にエスコートされて入場というのでもOKですし、ふたりで一緒に入場しても。また、両家揃って入場というのもあり。

3. 誓いの言葉

新郎新婦がふたりで声を合わせ、誓いの言葉を読み上げます。ふたりらしい個性的な誓いの言葉を考えたいもの。今後の結婚生活で自分が気をつけたいことや、相手への要望などをお互いに発表しても面白いと思います。

4. 指輪の交換&誓いのキス

新郎新婦でお互いに婚約指輪を交換します。誓いのキスをするのもいいでしょう。

5. 結婚誓約書に署名

結婚誓約書に新郎新婦が署名します。実際の婚姻届にサインをするのもいいでしょう。

6. 結婚の承認&宣言

結婚誓約書に署名したものを司会者が掲げて参列者に披露します。そして、「ふたりの結婚を承認して下さい」と呼びかけ、参列者から拍手などをもらいます。

7. 閉式の辞

司会者が閉式を宣言します。

8. 新郎新婦退場

参列者の祝福を受けながら、新郎新婦が退場します。フラワーシャワーを行ってもよいでしょう。

人前挙式で気をつけたいこと

挙式時間は20分くらいが適当。あまり長いと参列者も飽きてしまいます。また、年配者にとっては馴染みのないスタイルなので、事前に「特定の宗教によらない、みなさんの前で結婚を誓う挙式スタイルです」など、説明しておくとよいでしょう。

司会者はプロでも友人でもOK。20分程度と時間も短く、それほど負担にもならないので、立会人も兼ねて友人にやってもらってもよいと思います。

【関連記事】
感動の人前式に! おすすめ演出アイデア10
地域活性型“アウトドアウェディング”のススメ
アウトドアウェディングの段取り(費用・場所・衣装)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。