芸能人できちゃった婚の第1号は扇千景さん?

芸能人「でき婚」の系譜
昔は発表できなかった!?
女優の宮沢りえさんが妊娠6カ月で、近く結婚の予定との報道がありました。いや~、りえちゃんもとうとうお母さんですか……。1992年に貴花田関(現貴乃花親方)との婚約を発表した時の彼女は、神々しいまでにきれいでした。お肌ピチピチで頬はほんのりビンク色。若いって、愛するって、素晴らしいことよね~と感心したものでしたが、あれから17年。りえちゃんもすてきな大人の女性になり、できちゃった婚と相成りました。

芸能人のできちゃった婚といえば、その嚆矢はなんと元宝塚スターにして参議院議長も務めた扇千景さんなんだとか。扇さんが結婚したのは1957年。その頃は結婚前に妊娠したなんてことは口が裂けてもいえない時代でしたから、もちろん公表はせずに芸能界を引退したそうです(その後再デビュー)。

「でき婚」を否定して評判を落とした河野景子さん

できちゃった婚が増えてきたのは、1990年代以降と思われます。第一子の出生数のうち結婚期間が妊娠期間より短い出生割合(できちゃった婚)は、1980年には全体の12.6%に過ぎませんでしたが、1990年には21.0%に跳ね上がっています。※1

1980年から90年代にかけてぐっと増加したできちゃった婚ですが、1990年代にはまだまだはばかるような雰囲気がありました。1995年に貴乃花関と結婚した河野景子さんは、婚約発表の時には妊娠を笑顔で否定。しかし、出産時期からできちゃった結婚では?とささやかれ、評判を落とした記憶が……。

できちゃった婚の功労者は安室奈美恵さん

できちゃった婚を負から正のイメージに大転換させた功労者(?)といえば、やはり安室奈美恵さんでしょう。人気絶頂の1997年、まだ20歳の時に結婚と同時に妊娠を発表し、世間をあっと言わせました。

正々堂々と妊娠を言ってのけ、幸せムード全開の安室ちゃんに世間は祝福ムードとなり、以来、できちゃった婚は徐々に市民権を得てきたような気がします。そして2000年には、できちゃった婚の割合が26.3%※1を占めるにいたり、まさに、4組に1組ができちゃった婚の時代に突入したのです。

※1データは「国民生活白書/平成17年版」より

次ぺージでは30代にも増えるできちゃった婚について