【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

意外に好き嫌いが分かれる演出

結婚式には定番といわれる演出がいくつかあります。キャンドルサービス、ウェディングケーキ入刀、両親への花束贈呈…。花嫁の手紙もそのひとつ。その昔は、かあさんが夜なべをして~と「かあさんの歌」がBGMにかかったりしたものですが、最近ではさすがにそんなベタなことはやらなくなりましたね。

花嫁の手紙
結婚式の演出のひとつ「花嫁の手紙」。あなたは読む、読まない?
花嫁が両親へ向けて感謝の気持ちを綴った手紙を朗読するというこの演出、意外に好き嫌いが分かれるようです。「しめっぽくなる」「お涙ちょうだいは嫌」「両親への感謝なんていうプライベートなことは招待客の前でやるべきではない」などというのが嫌い派の主な意見。

それに対して、好き派の意見は「花嫁の手紙がないと結婚式という感じがしない」「花嫁の手紙を聞くと感動する」というものが多いよう。私の友人A子も好き派で、「花嫁の手紙のない結婚式なんて、ク*ープを入れないコーヒーみたい!」と言い切ります。

花嫁たちは「花嫁の手紙」についてどう思っている?

結婚式で実際に花嫁の手紙を読む当の花嫁たちに聞いてみると、その気持ちはいろいろ複雑。嬉々として読んでいる人がいるかと思えば、「ちょっと照れくさかったけれど、感謝の気持ちを伝えるいい機会だと思った」という人も。「会場の人に読んだほうがいいといわれて」あるいは「母が楽しみにしているようだったので」と、自分自身はあまり気乗りがしなかったものの、他の人に勧められたり、親孝行のために選択した人もいるようです。

また、読まなかったという人は、照れくさい、湿っぽい雰囲気にしたくないなどの理由がほとんどです。ただ、なかには「私は読みたかったけれど、母に恥ずかしいから辞めてくれといわれ」て、断念したという人も。さらに、「結婚式の中では読みたくなかったので読まなかったけれど、結婚式が終わった後で、両親に感謝の気持ちを書いた手紙を渡しました」という花嫁もいました。

感動を呼ぶか呼ばないかは、やはり内容次第

読むか、読まないかは、基本的には花嫁の気持ちひとつ。ただ、招待客を感動させられるかどうかは、手紙の内容にかかっているようです。ただ単に「いままで育ててくれてありがとう」くらいでは、招待客もいまひとつ感情移入できません。

具体的なエピソードを盛りこんだほうが、招待客も感動し、思わず涙が出てしまう傾向にあるようです。エピソードというと、それまでを振り返り、悩んでくれた時に助言してくれたとか、道を外れそうになった時に体を張って阻止してくれた、といったような話が多いようですが、もっとささいな話でもいいんじゃないかなと思います。

また、読み方にも少し注意を払う必要が。感動して涙ぐむくらいならいいのですが、大泣きしてしまうと何をいっているかわからなくなるし、招待客のほうは意外に白けてしまうものなんです。

次ページではなぜ花婿の手紙がないのか!?