結納は年々減少し顔合わせの食事会へ

顔合わせの食事会

顔合わせの食事会

結婚関連のさまざまな儀式の中で、いまや風前のともしびとも言えるのが仲人。そして、それに次いで存続が怪しくなってきているのが結納です。結納というのは両家で婚約を確認するという役割があるわけですが、結納品をやり取りしたり、なんだかわけのわからない口上を述べたりという堅苦しさが、どうも敬遠されているようです。

仲人が結納品を預かり、両家の間を行き来するのを正式結納といい、女性の家やあるいはどこか料亭などに一堂に会して行われる結納は、基本的には略式結納といいます。現代において、結納時から仲人をきちんと立て、両家の間を行き来する結納を交わす家はかなり少なくなってきており、結納をする人のほとんどが略式結納をしているといっていいでしょう。

この略式結納すらも面倒くさい、あるいは堅苦しいと感じる人たちは、結納はせずに両家の顔合わせ食事会を行うケースが多いようです。

では、この顔合わせ食事会、一体どういうものなのでしょうか?
 

結納や食事会は両家の両親も含め大切に考える

「顔合わせ食事会をした」という人に話を聞いてみると、その内容はさまざまです。男性側が結納品や結納金を用意して女性側に渡したという略式結納に近い形もあれば、どちらかの実家に両家が集まってご飯を食べたという文字通りの食事会まで、実にバラエティに富んでいます。

顔合わせ食事会はこのようにしなくてはならないという決まりはとくにありません。ですから、両家で話しあって、好みのスタイルで行えばOK。堅苦しいのはイヤと顔合わせ食事会にしたのでしょうから、結納品などをあえて交わす必要はないと思いますが、セレモニー色をちょっぴり出すためにはエンゲージリングなど婚約記念品を席上で交換するといいと思います。

また、気になるのは費用分担。レストランや料亭などで行う場合は、頭割りで費用を折半。どちらかのおうちで行う場合は、基本的には招いた家がもてなすという形をとることが多いようです。その場合、招かれた側は少しお金を包んで持っていったり、なにかお土産を持参するということになるよう。

結納にするか、顔合わせ食事会にするかは、親の意見もよく聞いて慎重に決めたいところ。ふたりは「堅苦しいことはなしにしよう」と思っていても、親のほうはきちんとしたいと思っていることも往々にしてあります。

また、「結納はなしで」と申し出るのは、基本的には女性のほうからです。結納は男性から女性に贈るものなので、男性から「結納はなしで行きましょう」といわれると、女性の親のなかには「ばかにされた!」と気分を害してしまうケースもあります。

なにはともあれ、結納や顔合わせ食事会は、両家が改まって顔を合わせ、婚約を確認する機会なわけですから、徒や疎かにせず、大切に考えたいものです。

【関連記事】


■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
経験談の応募はこちらから!

【経験談例】
第三子を出産してすぐ、夫の社内不倫と、相手女性の妊娠が発覚。それでも夫婦関係の再構築を選択した話(30代、女性)

40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)

W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。