披露パーティでの演出には誰もが頭を悩ませるところ。あまりコテコテなものはイヤだし、費用がかかり過ぎてしまうのもちょっと……。ゲストと一緒になってできる演出を盛り込むと新郎新婦とも親しく会話できるし、ゲストも「傍観者」の立場から抜け出て楽しめるようです。そこで、今回はゲスト参加型の演出をご紹介します。

バルーンリリース

ガーデンのある会場なら、全員で外に出て風船を空に向けて放ちます。色とりどりの風船が空に浮かんで飛んでいく様はなかなか圧巻。リリース用の風船は着土後に土に還るような環境に配慮したものを選びましょう。タイミングとしては、挙式後や披露パーティの終盤に行うとよいようです。予算は風船100個程度で2万円前後。

シャワー演出

フラワーシャワーはもちろんのこと、お米やシャボン玉などを使ってもいいでしょう。挙式後に行うのが一般的ですが、披露パーティの最後に行っても素敵です。ただし、会場によってはできない場合もありますので事前に相談を。

思い出の品物披露

あらかじめ招待状などで「新郎新婦との思い出の品物を持ってきて下さい」と案内しておき、当日はテーブルを用意してその上に品物(コメントを添えて)を並べてもらいます。ウエイティングの時間などにゲストに自由に見てもらい、披露パーティの中でもいくつかの品物を紹介。ゲスト同士でも思い話に花が咲くはずです。

ダンス、ダンス、ダンス!

披露パーティの中盤あたりでダンスタイムを設けます。プロのシンガーを呼んで、ミニコンサート風にしてもよいし、CDをかけるだけでもよいでしょう。ただ、いきなり「踊って!」といっても無理なので、あらかじめノリのよい友人に盛り上げ役を頼んでおいたり、ちょっとした根回しが必要。全員が踊れば、盛り上がりは最高潮に達すること間違いなし!

リレースピーチ

ゲストの一言スピーチをリレー形式でつないでいきます。次に話す人はゲストが指名。「○○さん」というように指名してもらってもいいし、「大学時代の友人の方」というふうに指名してもらってもいいでしょう。司会者に頼んでおいて、スピーチに詰まってしまった人には助け船を出してもらうようにしておくと、進行がスムーズです。