夏になると食べたくなるのが、ピリッと辛みのきいた韓国の冷麺。

代表的な冷麺というと、おなじみのスープありの『 水冷麺 』(写真右)と、スープなしの『 ビビン冷麺 』

最近では水冷麺セットはスーパーで売られるようになりましたが、ビビン冷麺はまだまだ・・・。そこで、今回はわたしのイチオシ!の甘辛いタレと麺をからめて食べる『ビビン麺』のレシピをご紹介します。




◇ ビビン麺 ◇

~ かたまりの牛肉を使うところを薄切り肉にかえて、気軽に作れるレシピにアレンジしてみました ~


【 材 料 】 2人分 調理時間:約10分

麺(冷麺用)2玉、
牛肉(しゃぶしゃぶ用または薄切り肉)60g、

{ しょうゆ大さじ2・コチュジャン大さじ2・酢大さじ2・砂糖大さじ1・1/2・ごま油大さじ1・すりごま小さじ2・牛肉のゆで汁大さじ1・おろしにんにく少々、粉唐辛子少々 }、
大根100g、塩少々、
{砂糖小さじ1/2・酢小さじ1/2・おろしにんにく、粉唐辛子、すりごま各少々 }
きゅうり1/2本、梨(またはりんご)1/4個、ゆで卵1個、糸唐辛子少々

○コチュジャンはものによって甘みが違いますので、砂糖で調節してください。
調味料を合わせるときは、ちょっと甘めかな、っておもうくらいのほうがおいしいです。


【 作りかた 】

 牛肉はゆで、冷水にとって水気を切り、食べやすい大きさに切る。ゆで汁はあとで使うのでとっておく。

 Aを合わせ、そのうちの大さじ2でを和えておく。

 きゅうりと梨はせん切りにする。ゆで卵は1/2に切る。

 大根は短冊切りにして塩でしんなりさせ、水気をよくきってBで和える。

 鍋にたっぷりの湯をわかし、麺をほぐしながらいれる。麺がくっつかないようにすぐに箸で混ぜ、ゆであげる。すばやく冷水にとり、手でもむようにぬめりをとり、すすいでからぎゅっと絞るように水気をとる。

  の麺に残りのAを加えてよく混ぜ、器に盛る。その上に、2、4、きゅうり、梨、ゆで卵、糸唐辛子をのせる。

 *-----------*-----------*-----------*-----------*

○おこのみで酢とコチュジャンを加えながら、具と麺をよ~くかき混ぜて食べます。
マスタードをいれてもおいしいですよ。韓国でもマスタードをいれて食べています。(写真右は韓国産のマスタード)
ちょっと冷やし中華感覚?!

○お店でビビン麺を頼むと、だいたい冷たいスープがついてきます。
スープはビビン麺を食べながらというのはもちろん、スープを麺にかけて食べてもおいしいですよ。

     ↓       ↓       ↓
 
      さらに手軽に作るには!

○牛肉 →焼き豚に・・・合わせ調味料Aは和えなくてOK
○大根 →カクテキ(大根のキムチ)を短冊切りにor白菜キムチ




@ おまけ情報 @

こういう冷麺もあります!!

●チェンバンクッス

チェンバン(お盆)に麺と野菜をもりあわせた北部の料理。
ちょっと辛いけど、野菜がたくさんとれて、とくに女性にはオススメ♪


~ チェンバンクッスが食べられるお店 ~

●吾照里本館 渋谷区道玄坂2-29-18-3F 5458-6628
●Mr.Kim! 港区六本木7-4-8-3F 3746-1210

~ 事前に連絡をすれば作ってくれるお店 ~ 

●武橋洞(ムギョドン) 新宿区大久保1-1-9 3209-8162
●伽耶苑 新宿区四谷1-5-B1 5269-2848
●空と風と星と 渋谷区円山町15-3 5459-0730
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。