いつもの炒めものがあっというまに
本格的な韓国料理に早がわり!




韓国料理でよくつかわれる調味料といえば 『コチュジャン』

最近スーパーなどでもよく見かけるようになりましたよね、ビビンパプに混ぜて食べる、あの赤い唐辛子味噌のこと。


もち米に米麹や粉唐辛子、砂糖などを加え、保存発酵させて作ります。味のほうはというと、辛いというよりはどちらかというと甘みとコクがあって深い味。

今回はこれをつかって、忙しいときのお助け料理 手早く作れて便利な“炒めもの”のレシピをご紹介します。

* INDEX *
○いま大人気の 『 タッカルビ 』 & アレンジメニュー
 ○ボリューム満点『 豆腐ステーキ 豚肉ソースかけ』




◆ タッカルビ ◆ ~ 鶏肉と野菜の炒めもの ~
 (“ タッ ”は韓国語で“ 鶏 ”という意味です)


ふつうのタッカルビよりも、わたしの好みで少し甘みをおさえています。



【 材料 】 2人分    調理時間・・・約10分

・鶏もも肉 1/2枚            《 タレ 》
・キャベツ  1/4個  
・玉ねぎ   1/2個        コチュジャン大さじ2
・にんじん  5cm長さ      しょうゆ  大さじ2
・ピーマン   1個        酒     大さじ2
・エリンギ  大1本        みりん   大さじ2
・ごま油   適宜         ごま油   小さじ2
                  粉唐辛子  小さじ1~2
                 ( → 辛いのがニガテなかたはなくてもOKですよ)
                  ニンニク(すりおろし)1片
                  しょうが(すりおろし)1/2かけ

~:~:~:~:~:~:~:~:~:~:~:~:~:~:~:~

【 つくりかた 】

1. タレの材料をすべて合わせ、そのうちの大さじ2をそぎ
  切りにした鶏もも肉にからめておく。

2. 野菜は食べやすい大きさに切る。

3. フライパン(ホットプレート)にごま油をしき、1を中火
  炒め、少し焼き色がついたら2、残りのタレを加え、弱火
  鶏肉に火がとおるまで炒め合わせる。 


* POINT *

 通常の炒めものより火加減は弱め。
 肉や野菜をじっくり焼いて、中の水分をだしながら炒めるの
 がポイント♪炒め煮っていうかんじです。
 (途中で水分がなくなるようでしたら、水を加えてくださいね)

プレートで作る場合は、最後にごはんをいれて炒めて食べると◎ 味がしみこんでカリッカリ!になったおこげのところは、もうたまらないおいしさです!!


*。・*。・*。・*。・*。・*。・*。・*。・*。・*。・*。・*。・*・*。・*


● アレンジメニュー ●

鶏肉をイカやタコにかえるとさらにバリエーションがアップ♪


* POINT *

イカやタコで炒めものをするときも、つくり方は基本的に『 タッカルビ 』と同じ。
このときのポイントとしては、タレに すりゴマ を加えること。
  
 → こうすると、表面がツルツルしているイカや
  タコに調味料がよくからんで、コクがでます。



つぎは、豆腐と豚肉をつかったメニューです。