妊娠中にやっておきたいこと、やっておくといいことって何でしょう?
妊娠中にやっておきたいこと、やっておくといいことって何でしょう?
妊娠中にやっておきたいこと、妊娠中にやっておけばよかったこと。ガイドの自身の体験から、まとめてみました。

妊娠中の写真を撮っておこう

赤ちゃんが産まれると、とにかく撮りまくる方が多いと思うのですが、妊娠中の写真って、あまり撮っていない方も多いのでは。

1カ月ごとくらいで、赤ちゃんがいるお腹がグングン大きくなる様子を、横向き写真で撮って残しておくのがおすすめです。子どもが大きくなったとき、「このお腹の中に○○君がいたんだよ~」って、話してあげましょう。

体調がよければ、スポーツにチャレンジ

マタニティスイミングやマタニティヨガなど、大きいお腹だからこそのスポーツの楽しみ方もステキです。体調がよく、お医者さんのOKが出れば、ぜひチャレンジしてみてはいかが。

ベビーカーでの道順、シミュレーション

赤ちゃん連れでお出かけすることになる、道順をお散歩がてらシミュレーションしておきましょう。保健所や児童館、実家が近い場合など、駅のエレベーター位置も含めて、確認しておきましょう。

映画館で映画を観る

最近では赤ちゃん連れで映画を観られるサービスを実施している映画館も増えてきましたが、赤ちゃんを連れて映画館まで行くのも一苦労。ゆっくり見られるのはちょっとお預けになりそうなので、妊娠中に好きな映画を大きなスクリーンで観ておきましょう。

そしてパパとの会話の時間を

パパが仕事で忙しい場合、毎日とはいかないまでも、やはり夫婦の会話時間をしっかりと持つようにしたいもの。

パパが妊婦健診に同行していなければ、赤ちゃんの様子を伝えたり、超音波写真を見せたり。また、「赤ちゃんが生まれたら、一緒に○○」したいね」なんて、3人の生活を想像しながら、夫婦の会話を楽しみましょう。


<関連リンク>
「妊娠の仕組み・安産・パパ意識」
「妊娠中から始める!パパの意識改革」
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※妊娠中の症状には個人差があります。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。体の不調を感じた場合は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。