途中で読むのをやめるあなたは……?

途中でやめる
つまらない本は読むだけ時間のムダ。その分、ほかの面白い本を読んだほうがマシ?!
つまらない本、求めていた内容と違った本は途中できっぱり読むのをやめてしまう、という人は、何よりも時間を有効に使うことを大事にしています。退屈な本を読むくらいなら、ほかに面白い本を読んで有益に過ごしたいと思うわけです。

このタイプは、自分の好きな異性のタイプはもとより、自分にとって何かしらの刺激を与えてくれる人、ためになる人を見極める能力に長けていて、交友関係がはっきりしている傾向があります。無益な交友関係は築かず、ちょっと嫌な言い方をすれば、損得勘定の厳しい人も多いかもしれません。

そのため、好きでもない異性に言い寄られた場合でも、まったく相手にしないなど、態度がはっきりしています。とは言え、特に冷たい態度をとるわけではなく、自分のイメージにマイナスになるような行動はとりません。無碍にできず、ついつい面倒な事態になってしまうこともしばしば。

また、決断力に優れ、気持の切り替えが早いという長所も見受けられます。決断する時の指針はしっかりと自分の中に持っているため、「やりかけた行為を途中でやめる」という、イメージ的に不真面目な行為についても何とも思いません。信念さえ持っていれば、常識に外れようと人に疎まれようと、ぶれない強さを持っています。

恋愛においても潔いほうで、一度別れた相手を引きずったり、また寄りを戻したりといったことは少ないほうでしょう。たとえ複数の相手の間で悩んだとしても(要は二股ですが……)、自分の中でプライオリティをはっきりさせることができます。二兎追う者でも確実に一兎は得るタイプ、と言えるでしょう。

次のページでは、最後まで読む人、途中で読むのをやめる人、それぞれに相性のいいタイプについて解説します。