自分や家族の写真がメインの年賀状を送る人は……

子どもの写真を年賀状にして送ってくる人も多いのでは

子どもの写真を年賀状にして送ってくる人も多いのでは


■今の自分や暮らし振りに満足
私自身が受け取った年賀状のなかで、最も多かったのがこの「自分や家族の写真がメインの年賀状を送る」タイプ。世代的に、結婚したり家を建てたり、子どもが産まれたりといった人が多いせいかもしれません。

こうしたデザインの年賀状を送るのは、現在の自分の容姿や暮らし振りに満足をしている証拠です。写真を掲載するのは、近況をわかりやすく伝えるのに手っ取り早い方法ですが、暗に「幸せに暮らしています」といった“自慢”も感じられるもの。

このタイプは、恋愛においてもオープンで、自分がどんな恋をしているか、どんな人と付き合っているかを周囲に知らせるのが好きなようです。自己顕示欲が強い、とも言えるかもしれません。また、人生において「平均的」「一般的」を意識する傾向が強く、他者と比べて自分の位置を認識する価値基準を持っています。平凡が一番の幸せ、と考えている人も多いでしょう。

次のページでは、年賀状のデザインから相性を分析します。