女性が通勤やデートで持ち歩くバッグは、ファッションに合わせて変えるもの。仕事上、営業用に男勝りなブリーフケースを持ち歩いている女性など、必要性に迫られた場合は別ですが、個人が自由に選ぶバッグの“大きさ”には、その人の性格が表われるものです。

大抵の女性は、自分が普段持ち歩く荷物の量に合わせて、最適なサイズを選んでいます。ところが中には、随分大きなバッグを持っている割には、中身がほとんど入っていなかったり、あるいは反対に、小さなバッグに荷物が入りきらず、ブランドショップの紙袋を一緒に持っていたりする女性がいます。

今回はこの2つのタイプの女性について、それぞれの性格や恋愛傾向を分析してみました。普段、荷物量に対して適切なバッグを選んでいるという女性でも、時に失敗するとしたらどちらの可能性が強いかで、傾向を把握してみてください。

早速、診断スタート! ご自分に近いと思われるほうをクリックしてください。

大き目のバッグ
 
荷物量の割には、スペースの余った大き目のバッグを持ち歩く


小さ目のバッグ
 
荷物量の割に小さなバッグで、入りきらない物は紙袋などに入れて持つ