ヘッドフォン
音楽を聴いている時、あなたは詩とメロディ、どちらに神経を傾けていますか?
自分が元気になる「励ましソング」や、聴くだけでせつなくなる「思い出ソング」など、人には何かしら「お気に入りの歌」があることでしょう。でも、その歌を好きになるきっかけを聞いてみると、人によって「詩(歌詞)」が気になった場合と、「メロディ(曲)」が頭に残った場合と、2つに分かれるようです。

じつは、この「詩か、メロディか」によって、その人の恋愛傾向がある程度分析できます。なかには、詩が気に入る場合とメロディが気に入る場合と、歌によって違うという人もいると思いますが、そういう方は両方の傾向を兼ね備えているのかもしれません。全体的にみて、どちらのケースが多いかによって、判断してみてください。

歌を聴く時、「詩」から入るか「メロディ」から入るかでわかる恋愛傾向

■「詩」から入る人
音よりも言葉に注力するあなたは、人の話をよく聞き、言葉をしっかりと受け止めるタイプです。少し理屈っぽいところもあって、人の矛盾した主張などは非常に気に掛かるのですが、案外自分も矛盾した考えに悩まされていたりするもの。

恋愛において、たとえば告白やプロポーズなどの大事な局面では、セリフを散々考えるタイプ。自分なりのセンスで言葉やその意味を大切にしているからこそ、上辺だけの意味のない“ノリ会話”を楽しめない頑なさがあったりもします。

「なぜ彼(彼女)が好きか」といった理由付けを重んじる傾向もあります。恋愛は頭ではなく心でするものですから、そういった理由は「後付け」だったりもするのですが。しかしこうした行為は、自分自身が今の恋愛に安定するため、自分に言い聞かせる効果があります。反対に、関係が冷めてきた時は別れを促すことになり、逆効果になってしまうのですが。

■「メロディ」から入る人
言葉よりも音に敏感なあなたは、感覚的な人間です。人の言うことそのものの意味よりも、その人の表情や声のトーン、言葉の語感から真意を図るタイプ。なかには、何かに気を取られていて人の話をよく聞かない、生返事をしてしまいがち、という人も少なくありません。

恋愛においては、会話よりも雰囲気やムードを大切にする傾向があります。それまでまったく意識していなかった異性と、一緒にいるその時のムードで好きになってしまい即告白、なんてことも。場合によっては勇み足という結果もあるようですが、恋愛には思考より感覚による判断が正しいことも多いため、一概に悪いこととは言えません。

恋人とは、一緒にいて楽しいか、自分の心が安らぐかによって、相手に対する自分の愛情を確かめようとします。ただし、「心が安らぐ」という判断基準は曖昧なもの。ただ緊張感がなくなり惰性で付き合っている状態でも、「一緒にいてラク=私達(俺達)は大丈夫」と思ってしまいがちです。相手から飽きられ、別れを告げられてしまうこともあるのではないでしょうか。

次のページでは、以上の2タイプを組み合わせた3通りのカップルについて、それぞれの相性を診断します。