【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました
キャリアウーマン
仕事も出来てお洒落でカッコイイ、そんなイメージの姉御ですが……
最近、巷で「姉御」と呼ばれる女性が増えているように感じます。2005年に日本テレビで放送されたドラマ『anego』に始まり、今月18日に放送が終了したばかりのフジテレビ系『サプリ』まで、きっとトレンディドラマの影響も大きいことでしょう。ちなみに『anego』の公式サイトにおいて、いわゆる姉御の定義と思われる「anego10ヶ条」を示していますので、ここに引用させていただきます。

■anego10ヶ条
1.相談するより相談を受ける方だ
2.なんでも決断が早い
3.年下の男から慕われる
4.年下の女からも慕われる
5.啖呵を切って男と別れたことがある
6.筋の通らないことは許せない
7.不倫経験があることは誰にも明かしていない
8.実はけっこう占いを気にする
9.バブルの香りを覚えている
10.“負け犬”と言われてもムキにならない(……でも少し気にしている)

以上の条件に8つ以上当てはまれば、あなたもれっきとした「姉御」です。また、「姉御」な女性を好きだという男性にも参考になるよう、今回は「姉御」の恋愛傾向と相性の良い相手を分析していきます。

「姉御」も恋愛においては、か弱く甘えん坊になる……!?

人に頼られると放っておけず、職場では後輩から慕われてリーダーシップを発揮する。何かとカッコイイ「姉御」ですが、実は自分の将来や恋愛については、ちまちまと悩んでいるのが本当の姿だったりします。

そんな姉御の内面は、実はモロくて寂しがり屋。大好きな人の前では肩の力を抜いて、思いっきり甘えたいという願望を少なからず抱いています。何でもテキパキ決断して行動する反面、失敗も多かったり。人前ではおくびにも出さないけれど、くよくよと悔やんでいたり。占いやジンクスなどを信じる女の子らしい、可愛らしい一面もありますから、そんな自分の真の理解者を求めているのです。

彼との関係が深くなれば、本当の自分を素直に出せるようになるのですが、関係が浅いうちはつい、虚勢を張ってしまうのも「姉御」の悪い癖。「男に甘えては女がすたる」などと考えてしまい、なかなか素直になれないわけです。しかし、元は情熱的な性格のため、感情の箍(たが)が外れた時は、愛情を剥き出しにする傾向もあります。

次のページでは、「姉御」な女性と相性がいいのはどのような男性なのか、分析していきましょう。