1.男性は弱さも「受け止めてくれる」ことを知る

ふだんサバけているのに、甘ったるいことをしたり、弱音を吐いたりしたら彼は引くかも…というのは、思い込みです。男性は意外と、甘えや弱さも受け止めてくれますよ!

出典: 4/7 好感度上昇! 愛されキャラ診断 [相沢あいの恋愛コラム] All About

2.ときどき意識して「淋しさ」をぶっちゃける

強いふりをするのが身についていると、恋愛でも「平気!」と意地をはりがち。ときどき「やっぱり淋しい~」をぶっちゃけると、かわい気のある女性に見られます。

出典: 2/3 年下男子と恋したいなら知っておきたい5つのタブー [藤嶋ひじりの恋愛コラム] All About

3.仕事よりも「趣味」を見つけて充実させる

仕事ばかりにかまけていると、いつでも戦闘モード。強がる自分から抜け出せません。思いきってプライベートの趣味を充実させ、ちょっと高めの目標を立ててみましょう。

出典: 3/4 「かわいくない私」を卒業するための5つの方法 [藤嶋ひじりの恋愛コラム] All About

4.強がるのではなく本当に「強い」女になる

強がりと、強さは別モノ。無理して強く見せている女性を苦手な男性は多いですが、強い女性は好き。強さにも種類があるというガイドの説とその具体例は、記事をチェック。

出典: 大人の女の強がりは伝わらない [アラサー女子向け恋愛コラム集] All About

5.「精神年齢」が低い男性とはつき合わない

頼られるのは好きだけど、姉御肌に見られるせいで寄ってくるのは精神年齢が低い男性ばかり…。彼といるかぎりずっと強がっていなければならないので、疲れるだけです。

出典: 2/2 「姉御」な女性が腰抜けになる恋の相手は? [恋愛] All About

※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項