化粧
ヤンキー女性は大人びた化粧のせいか、美人が多かったように思いますが
「ヤンキー」、「スケ番」などといった呼称は、今や死語となりつつあるのではないでしょうか。現代、とくに都会の中高生は、普通の子と不良の子が外見では見分けがつかなくなっているようです。しかし一昔前には、ひとクラスに必ず1人や2人はいた不良少女。今回は、そんなヤンキー女性が20代、30代になってからの恋愛傾向と、相性の良い相手について分析します。

“元ヤン”女性の男性への惚れ方に、雌ライオンをみる?!

そういえば、不良っぽい女の子に限って、綺麗な顔立ちの美人が多かったように思うのは私だけでしょうか? 今でこそ、女子高生が化粧をしているのは普通のこととなってしまいましたが、昔は制服に化粧をしている姿が妙に大人っぽく、女っぽく見えたものでした。

ヤンキー女性の恋愛相手は、やはり同じようにヤンキーな男性であることが多かったものです。彼女達にとっては学校や先生や親など、何かに対する反抗や憤りをスタイルで示している、同じ“仲間”であることが、恋愛対象としての大前提だったのではないかと思います。そして次に重要視されたのが、「カッコよさ(男らしさ)」、「(ケンカの)強さ」など。同じ不良でも、ケンカの弱い男や猛々しさのない女々しい男は相手にされなかったものです。

そんなヤンキー女性の恋愛傾向は、雌ライオンによる雄ライオンの選び方に似ています。人間を動物に例えるのは失礼を承知で申し上げますと、雌ライオンはまず、雄ライオンの外見のカッコよさで惚れるそうなんです。しかし、1頭の雌を巡って2頭の雄が取り合いになると、そこで決闘が始まります。その結果、雌ライオンは決闘の勝者である雄についていく。それは、雄ライオンの「強さ」が、雌ライオンのハートを掴む重要なポイントだからなのだそうです。

ヤンキー女性も大人になって社会人になると、見た目はもちろん、言動や仕事に対する姿勢なども、真面目に変わることがあります。しかし、恋愛傾向だけはそれほど変わらないのはないでしょうか? そんな“元ヤン”女性は、どんな男性と相性がいいのでしょうか?

次のページでは、男性を大きく3つのタイプに分けて、それぞれの相性について診断します。