【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました
さて、2009年初めての記事は、「結婚相手とお金」に関するタブー視されがちな関係を、敢えて話題にしてみたいと思います。

以前、雑誌にこんな夫婦が紹介されていました。

妻に見せられなかった給料明細

妻は本当のことを知ったら、どう思うだろう……
妻は本当のことを知ったら、どう思うだろう……
東京に住む二人は30代前半の共働き。夫は、大手メーカーに勤務していましたが、付き合っていた当時からマスコミに勤める妻の方が自分よりも年収が多いことを知っていました。夫は、それを承知で結婚していたはずでした。

妻も、夫に余計な気遣いをさせてはいけないと思い、お互いの給料に関しては敢えて明らかにすることはありませんでした。二人で生活費として貯金する銀行口座を作り、そこに毎月お金を入れて、残りの使い道は関与しないことが暗黙のルールになっていました。

生活費は、同額。
夫にとってのプライドを保つ最後の砦だったのかもしれません。

しかし、夫はその同額の生活費を納めるために消費者金融に手を出すことになりました。そして、最終的には、300万の借金が発覚。何も知らなかった妻は愕然とします。その後、借金はすぐに返済しましたが、結局二人の結婚生活は長くは継続しなかったそうです。

なんとも切なく、悲しい話です。皆さんはどう思われましたか?
その取材記事は、お金にフォーカスされて書かれていましたが、二人の間で本当に見せられなかったのは、給料明細だけではなかったように感じてしまいました。