初心者にますます優しく、楽しくなったAdobe Premiere Elements 8

アドビシステムズのビギナー向けビデオ編集ソフトのPremiere Elementsの新バージョン『ADOBE PREMIERE ELEMENTS 8』。さっそく利用してみたのですが、初心者に優しい機能、使って楽しい機能を搭載し、ますます使い勝手のよい編集ソフトに仕上がっていました。
▲Premiere Elements 8の編集画面

▲Premiere Elements 8の編集画面(画面クリック)


ビデオの編集というと、どうしても「難しい」と思われがちですが、今回のバージョンでは、自動編集機能が大幅に機能アップしています。そうした改良点なども含めて、新Premiere Elementsをご紹介しましょう。


AVCHDの取り込みが簡単

ハイビジョン対応ビデオファイルの標準形式といっていいAVCHDですが、このAVCHD形式の映像が手軽に読み込めるのは嬉しいですね。読み込み方法は簡単。読み込みたいAVCHD形式のファイルを選択するだけです。

映像ファイルは、ビデオカメラに記録したままでもよいし、パソコンのハードディスクにコピーしておいてもかまいません。映像が保存されているフォルダーを選べば、フォルダー内の全ての映像が読み込めますし、ファイルを選択して読み込むことも可能です。
▲最初に、取り込む対象を選択(画面クリックで拡大)

▲最初に、取り込む対象を選択(画面クリックで拡大)


▲まとめて読み込むことが可能(画面クリックで拡大)

▲まとめて読み込むことが可能(画面クリックで拡大)


▲ファイルを個別に選ぶことも可能(画面クリックで拡大)

▲ファイルを個別に選ぶことも可能(画面クリックで拡大)


いずれにしても、操作はフォルダーやファイルを選ぶだけで、特別な設定をしなくても、AVCHD形式の映像が読み込めるのは、初心者には嬉しい機能です。なお、Premiere Elementsでは、取り込んだ映像データなどビデオ編集に利用する素材のことを「アセット」と呼んでいます。
▲Premiere Elementsに取り込んだアセットundefined(画面クリックで拡大)

▲Premiere Elementsに取り込んだアセット(画面クリックで拡大)