女性はここに気をつけて!

メールの返信が遅れただけで「嫌いになったなら言ってね」だなんて……重すぎるよ!
女性にありがちなのは、甘えから生じるワガママ。逆にワガママ言って嫌われないために、ややこしい行動をとることも。いずれも男性にはまったく理解しがたいことだと肝に銘じましょう。

■被害妄想が過ぎる
たった1日メールの返信がこないだけで「冷めたのかな?」、疲れてて早めにデートを切り上げようとすれば「嫌われちゃった?」ネガティブな妄想を膨らませ凹まれたらたまりません。彼の行動が理解できなければ、その場で確かめればいいのです。嫌われたくないからと「言えない」「聞けない」を溜めこむほうが、よっぽど嫌われます。

■「自分」がない/他人に流される
「友達が言ってたから」「本にそう書いてあったから」自分以外の何かを判断基準にするのは、考え方が幼稚だから。同様、すべてを彼の意見に合わせていたら、彼からも「つまらない人」だと思われてしまうかも。
間違っていたっていいんです。もっとパーソナルな価値観を大事にして。

■言動と行動の不一致
デートをドタキャンされたとき。なかなか連絡できず彼が謝ってきたとき。「気にしないで、だいじょうぶだから」あなたが発したその言葉は、気持ちと一致してますか?
腹に不満を溜めながらいい人ぶるのは逆効果。堪忍袋の緒が切れたときにまとめて責められたら、たまったもんじゃありません。その場で不満はやんわりと伝え「次のデートで○○してね」とフォローを要求するほうが彼は救われます。

■演技過剰
自分に自信がない、あるいは自分には釣り合わないと思い込んでいる彼に対し素直な自分を見せられないのは、恋愛初心者にはよくあること。だけど別人のごとく「いい女」になりすましていたら、いつかボロが出ます。またヒロインぶる演技(すぐ泣くなど)も、男性はちゃんと見抜いているもの。あなたが成長し心を開くまで温かく見守ってくれるのは、少女漫画の登場人物だけ。現実はそこまで甘くありません。


本来、好きな相手には素のままの自分で接したいし、ありのままの自分を愛されたいと望むのは当然のこと。しかし恋愛初期のうちはその通りではありません。お互いのことをまだ深く理解していないからこそ、距離のとりかたや気遣いを忘れないように。
恋人も他の人間関係と同じ。恋愛だけが特別ではないのです。


<こちらもどうぞ>
恋の五月病にご用心!
会えない時間に愛を育てる方法

<ガイドからお知らせ>
最新記事の更新他、ガイドの活動情報や告知は公式ブログをどうぞ!
Twitterもやっています。フォロー歓迎。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。