「探さないで」

喜ぶ女性
「お、探してるな」面倒くさいですが、そこまでして愛情を確かめたがる生き物なんです
ケンカをすると家を飛び出してしまうタイプの女性は、高確率で「探さないで」と言いますが、探さずに放っておくと、「なんで探してくれないの! もう私には興味がないのね!」とさらに怒ってしまいます。

飛び出してしまったら、まずはケータイに電話をし、出なければ「どこにいるの?」とメールしましょう。このとき反応がなかったとしても、着信を残したり、メールを送って、探していることをアピールするのが大切。

大抵は近くにいるので、心当たりのある場所を探し、見つけたら「帰ろうか」と手を差し伸べてあげましょう。「探さないで」と飛び出した手前、帰るに帰れなくなっているので、心細い思いで見つけてくれるのを待っています。

言葉とは裏腹

女性の心と言葉が揃っていないと、男性によっては「めんどくせぇ」で片付けてしまいますが、彼女はあなたと「気持ちを通い合わせたい」と思っているがゆえに、苛立っています。問題の解決うんぬんではなく、より深いコミュニケーションや愛情を求めているだけ。本当は何を言いたいのかを察してあげてくださいね。



■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

【経験談例】
40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)
モラハラ・DV夫との生活に耐えかね、予告なしに家出。離婚調停を経て離婚した話(40代、女性)
W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

☆エクシェアの記事を毎月お得に読めるマガジンこちら
「パートナーの不倫・夫婦関係の再構築」に関する体験談を読むならこちら

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。