【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

世界中の女性から支持された『THE RULES』とは?

時代やスタイルは変わっても愛される女性の法則は世界共通です!
1995年、アメリカで女性向け恋愛書として「ルールズ」が出版されてから早15年。エレン・ファインとシェリー・シュナイダーという二人の女性によって書かれたこの恋愛マニュアルは、今までにおよそ30カ国にて翻訳されて、瞬く間に多くの女性から支持されました。日本においても一部の女性においてはバイブル的存在として崇められています。

出版されてから15年ほど経過した2010年、日本でも経済的な時代背景やライフスタイルの変化に伴い、女性たちの結婚に対する考え方もだいぶ様変わりしています。今日は、35ある「恋の法則」の中から「結婚相手として選ばれる特別な女性」になるためにオススメできるものを厳選したので、この機会にもう一度振り返ってみましょう!

選ばれる特別な女性になるためのルールスBEST5!

第5位:RULE#30 「失恋した時の心得」

「失恋した後に受ける打撃を和らげる最高の方法は、他の男性から賞賛されることである」と本書では書かれています。なかなか結婚まで至らない恋愛の理由として一人の男性に固執するあまり、自らで婚期を逃してしまうケースがあります。大好きだった彼に振られてしまい失恋した元カレに未練たっぷりで前に進めなかったり、男性から見て結婚の意志がないのにラクだからと何年もキープされる関係性になっても、女性側が彼を失うのが怖くて別れる決断ができないケースなど要注意です。

もし長年付き合っている彼に結婚する素振りがない場合、女性側はきちんと結婚したい気持ちを伝え、二人でそこまでの期限を決めることが大切なポイントです。もし彼が具体的に決断できないのであれば、決して恐れずに「私のために生まれてきた男性が世界のどこかで待っている!」と自分に言い聞かせるべきであると説いています。ぜひ新しい出逢いへと勇気を持って前に進むことで、結果的に素敵なパートナーへと繋がっていきます。

>続いて、あなたを幸せにする選ばれる女性になるためのオススメ法則とは?!