きちんと「期限」を作ってあげることが大切です!

より具体的にイメージすれば、するだけ結婚が近づいてきます!
わかりやすい例で一緒に考えてみましょう。例えば、あなたが今、賃貸マンションを借りているとしましょう。大家さんの都合で急遽、3ヵ月後には出て行かなくてはならなくなりました。

さぁ、あなたならどうしますか?

大半の人は住むところがなくならないように、期限内に新しい物件を仕事の合間や週末に見ながら探していくはずです。当然、自分のおかれている状況も理解しているはずです。例えば勤務地、払える家賃、近辺の環境や住んでみたい街など・・・さらに希望の条件(バス・トイレは絶対に別、2F以上が希望など)を出して、家を出なくてはいけない最終リミットの時間までに自分の中で譲れることと、絶対に譲れない条件を照らし合わせて契約までしていくことでしょう。

もちろん単純に「物件と結婚を一緒にするな!」なんて怒られそうですが、シンプルに考えれば実は結婚もそのようなことなのです。
単純に結婚して、お互いが協力して尊重しあって、より「住めば都」にしていくことです。

今回はあくまでも「結婚する」ということに対しての方法論ですが、その先にある「幸せな結婚生活」については、やはりお互いの努力が必要になってきますので誤解のないように理解して下さい。

この機会にもう一度自分の人生において「何のための自分が結婚したいのか?」をもういきちんと整理してみることもオススメします。
人に見せるわけではないので、なるべく細かく自分のイメージする結婚について、日付け、場所、相手などを「自らの心の声」を思うがままに書いてみてください。

きっと何かが動き始めるはずですから、ぜひお試しください!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。