やはり性格が悪くて、暗い女性は恋愛対象外

続けて3番目は当たり前ですが、やはり性格が悪い美人。
確かに美人で華があっても平気で人の悪口を言ったり、性格が悪ければ男性からでなく、同性からも嫌われているはずですよね?

小さい時から美人でチヤホヤされて育ったり、若い時にたくさんモテすぎて、それを引きずった形で常に男性に対しても強気に出てしまい、なかなか結婚までたどり着けない女性もいるかも知れません。せっかくのルックスの良さが裏目に出てしまう典型的なケースの1つでもありますね。

最後に考えられるのが、恋愛経験をほとんどしてきていない奥手の女性です。このタイプは、持って生まれた性格的な要素が強いのですが、何をするにも自信がなくマイナスに考えてしまったり、せっかくの恋愛チャンスも自らで逃していってしまうものです。男性からのアプローチにも、なかなか応えることができなくて、男性もシビレを切らして「別にいいやー!」と投げ出されてしまうこともあります。

それから家にこもって人との出会いを拒否してしまえば、せっかくの自分をアピール(プレゼン)できる場がなくては恋愛へたどり着く以前になってしまうことでしょう。

幸せとは他人との比較でなく自分次第で創るものです

以上の美人なのに恋愛対象外になりうる4タイプを分析してきましたが、やはり共通しているのは男性側も選ぶ基準としては単なる容姿だけではなく、人としての魅力がどうなのか?が非常に重要と言うことなのです。

今回のケースの女性のように、どんなにルックスが良くても何かしらの原因で自分で男性を引き寄せることができなければ、残念ながら彼氏ができない結果になってしまいます。

性格が暗い女性やコミュニケーションが苦手な女性は、男性からも恋愛したいとは思わせないことでしょう。やはり恋愛や結婚する対象として考えれば、女性には明るくて自分を元気づけてくれる人を望むことでしょう。

持って生まれたルックスを大きくは変えられないですが、ちょっとしたコミュニケーションや笑顔、ファッションなど自分の努力次第でほんの少しだけ気をつけることで、きっと素敵な男性からアプローチされる「恋愛対象内」になる魅力的な女性になることは間違いありません。

美人という定義もルックスなんて人の好みですから、他人と比較するものでなく自らの幸せを創りあげることが大切ですね。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。